ウレタンゴム加工会社 2代目社長の挑戦ブログ

2010年04月12日
ウレタンの硬度確認について。

当社は、色々な硬度のウレタンをお客様からご要望頂いております。

その時の判断基準を私なりに考えて見ます。

あくまでも私見です。

注型ウレタンの場合

ShoreA 10~90度
ShoreD 45~85度(プラスチックの領域)
の硬度範囲を網羅しています。

低硬度領域のウレタンを使用する用途は印刷用のロールなどが適しています。
エステル系の低硬度が特に良いです。
エステル系は耐溶剤性が良く、又低硬度での機械的物性が優れているからです。
シーリング材なども低硬度のウレタンを使用すると良いです。

中硬度領域(汎用ゴムの領域の50度から70度)のウレタンを使用する場合は
ブッシュやパッキンや靴底や防振材が適しています。
但し、この中硬度の場合は他の合成ゴムのほうが使い勝手がよい場合も
多数あります。その中でも機械的強度や対荷重や対磨耗性が必要な場合は
ウレタンゴムを使った方が良い場合があります。

高硬度領域(プラスチック領域にいく手前)のウレタンは強靭で引き裂け強度大
で耐水性がよく硬度も安定していますので・・
送りロールやソリッドタイヤや鉄鋼用ロールや製紙ロールなどが向いています。

このようにその用途によってウレタンの硬度は違ってきますので
お気をつけ下さい。

どのような硬度にしたら良いか?エーテル系?エステル系?のご相談も
お気軽にして下さい。

最後に、当社がお客様の指定していただいた硬度の確認方法を画像にてUPします。









5件コメントがあります

  1. ナリタケンジ より:

    shoreAの表示は度数が高くなると硬度が高くなるのですか

  2. ナリタケンジ様

    コメント有難うございます。

    はい。そうです。硬度90度の方が硬度30度より高いです。

  3. 井出徹也 より:

    ウレタンゴムのゴム硬度ショアーA:70度の硬度公差は±5度程度でしょうか?

  4. admin より:

    井出様

    お問い合わせ有難うございます。
    1月24日付けのブログにも書かせて頂きました。

    有難うございました。

  5. 橋本淳二 より:

    200Aパイプのスクリューコンベヤーのスクリュー羽根の外周にウレタンゴム(t3)を取付、内部の微細残留物を排出しいます。
    ゴムが硬いと回転時、「ブーン」と音鳴りをおこしてします。
    恐らく、硬度が高い為と思われるので、適正な硬度は大体、どれ位が良いでしょか?
    よろしく御願い申しあげます。

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文
 

Spam Protection by WP-SpamFree


ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ・お見積もりはお気軽に
ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ
ウレタンゴム加工110番特急便

最新のコメント