ウレタンゴム加工会社 2代目社長の挑戦ブログ

記事一覧

ウチの会社の得意な小さい金具にウレタンゴムライニング。

今回は、表面が凸凹になってはダメなので。ウレタン注型ご

フライスにてウレタン切削加工。当社内にて、初めてのフライスでの

ウレタン切削加工。

社内で施す事が出来るようになり、お仕事の幅も広がりそう。

お客様のお役にも立てそうな感じ。ウレタン注型加工の社員さん!

、ウレタン切削加工の社員さん!

有難うございました。お疲れ様でした。

お仕事頂いたお客様!有難うございました。又、お願いいたします。
ウレタン1.7㎜ライニング - ウレタンゴム加工


2013年07月25日

先日、ネットからお問い合わせ有りお仕事を頂いたお客様に納品に

行ってきました。そこのお客様は二代目社長で女性の方でした。

お話を聞いてみると、先代(ご主人)が前年の年末に癌で亡くされた

のですが、今まで仕入させて頂いてた会社さんのお仕事を無くしては

イケナイという気持ちと、折角主人が作った会社を無くしては申し訳ないと

いう一心で。奥様が何も分からない状態ですが、社長として事業を続ける

決心をされたそうです。

そこで、今までメーカーさんに頼りっきりだった部品をネットでお調べになられて

当社に辿り着いて頂きました。

そういう素晴らしい会社さんには、何とかお役に立ちたいなぁ~って思った次第です。

これからもウレタンローラーの事はお任せください。

宜しくお願い致します。

写真の下の方に見えるのがウレタンローラーです。
新しいお客様 - ウレタンゴム加工


今日は、研削作業の方が復活いたしました。

又、多能工化のチャレンジの方と共に作業に入りました。

Φ20×425L狙いのウレタンローラー70度をウレタン研削・研磨作業を行いました。

狙い通りです。素晴らしいです。

この技術を後世に残せるよう心してウレタン研削・研磨作業に当たります。

お二人とも暑い中お疲れ様でした。

下の写真はレーザーーマイクロスキャンメーターで測定している所です。

本日はウレタン研磨。研削作業です。 - ウレタンゴム加工


2013年07月23日

昨日、普段ウレタン研削加工して頂いてる社員さんが所用で

お休みされました。そこで、2~3回その社員さんからご教示を

頂いてるウレタン注型をして頂いてる社員さんが、初めて一人で

ウレタン研削加工をしてくれました。

色々戸惑う事も有ったみたいですが、優秀な社員さんなんで何とか

ウレタン研削加工が出来ました、本当にご苦労様でした。

有難うございました。又、一人でした事で良かったのは、何処が分からないのか?

何処までは理解しているのかを把握出来た事だと思います。

暑い中、本当に有難うございました。

下の写真は、ビデオ撮影したものを観て、ウレタン研削加工の復習をしてる所です。

ピンチはチャンス!! - ウレタンゴム加工


>当社が得意とする分野です。

まず、金具を見てウレタン型を作れるのか!?を判断させて頂きます。

そこから、金具を利用してウレタンの型を作成いたします。

その作成したウレタン型を利用して、ウレタン注型を致します。

この場合、外径の部分をウレタン型で作成し、金具にウレタン型を

セットして流し込み、余分に付いたウレタンの部分を旋盤でカットいたします。

この場合、金具の後ろの突出したボスの部分は高さが足りなく

旋盤のチャックで掴めないので、金具の3点開いたネジ穴を利用して

治具を作成し、穴をボール盤で開け、ビスで止めました。

ウレタン注型も、ウレタン研削も職人技のお仕事と言えるでしょう。

大量生産は不向きですが、ウレタン加工の多品種小ロットはお任せ!

の立成化学工業所です。

ウレタンゴムライニング完成品
ウレタンゴムライニングを金型無しで行いました。 - ウレタンゴム加工

ウレタン半製品
ウレタンゴムライニングを金型無しで行いました。 - ウレタンゴム加工

ウレタン焼き付け金具
ウレタンゴムライニングを金型無しで行いました。 - ウレタンゴム加工


当社では、古ゴム剥がしはスピーディにsafetyに行います。

火曜日には未だ古ゴムが付いてた状態から一気にゴムを剥ぎ(焼いてません!!)

ウレタン注型出来る所まで出来ました。

その間の工程は、芯金の脱脂+接着処理+接着焼付けです。

さぁ~ウレタン注型してウレタン切削+ウレタン研磨加工です。

ゴム剥がし後注型
   ↓
古ゴム剥がしについて2 - ウレタンゴム加工

ゴム剥がし後
   ↓
古ゴム剥がしについて2 - ウレタンゴム加工


当社にお仕事を頂くウレタンローラーの、半数以上はウレタンローラーの

巻き替えです。そうなんです。古ゴムが付いてるんです。

その古ゴム剥がしの方法は?っと言いますと。

古ゴムを焼く?では有りません。確かにウレタンは耐熱性に弱いので

その方法は有りなのか?と思われがちですが。。。そんな事をすると

地球にも人にも優しくないです。作業してる方の人体に影響を及ぼす

可能性が無いとは言い切れません。

ウレタンが焼ける時の煙を吸ってみたいという人は居ないと思います。

当社では、ウレタン専用のバイトを使用し、古ゴムを捲る、剥くという作業を

します。地球にも人にも製品にも優しい加工方法で古ゴムを剥がしてきます。

古ゴム剥がしは是非、当社にお任せ下さい。早く優しく行います!!

剥がし方
 ↓
古ゴム剥がしについて。 - ウレタンゴム加工

古ゴム付きローラー
 ↓
古ゴム剥がしについて。 - ウレタンゴム加工


>昨日、当社のウレタン加工.comのHPを見て下さり、同じ兵庫県と

いう事で、お客様自ら巻き替えのウレタンローラー(紙送りローラー)を

持って来てくださしました。

本日から、ゴム剥がし→芯金脱脂→芯金ブラスト処理→ウレタン注型(ライニング)

ライニング=焼付けとも言います→ウレタン切削加工→ウレタン研磨加工という

工程を踏みます。

完成品もUPさせて頂きます。

有難うございました。

こちらのウレタンローラーの巻き替えをさせて頂きます。 - ウレタンゴム加工

こちらのウレタンローラーの巻き替えをさせて頂きます。 - ウレタンゴム加工




ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ・お見積もりはお気軽に!
ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ

ウレタンゴム加工110番特急便

最新のコメント