ウレタンゴム加工会社 2代目社長の挑戦ブログ

記事一覧

今回のエンジンマウントのお客様のお仕事の流れはとてもスムーズに行きました。

数量的には1個でした。何度もやり取りをして。事細かく打ち合わせさして頂きました。

1個でも承れるのには秘密が有ります。

それは、我が社は注型ウレタン加工会社だからです。又、職人さんが優秀で

ウレタンのゴム型を取れるからです。

ウレタンのゴム型を取る方法は、まず、お客様の現在使用されているエンジンマウントを

送って頂く事からスタートします。それが無いと、スムーズなゴム型製作が出来ません。

その旧車のエンジンマウントが全く原型を留めてないと、それは基準にしてウレタン注型ゴム型

を取る事が出来ません。その後、ゴム型を製作できると、金具からゴムを剥がし取ります。

そうすると、金具とウレタンゴム型の間に隙間が出来る(エンジンマウントのゴムの部分に)

そこに、再度金具をウレタンゴム型にセットしてその隙間に流し込む。

そうすると、旧車と同じ様な形をしたエンジンマウントの出来上がりです。

旧車(クラシックカー)のエンジンマウントの復活方法 - ウレタンゴム加工

但し、金型で製作してる訳では無く、自社で製作したウレタンゴム型を利用しているので、寸法や

見た目は少し落ちる事はご了承くださいませ。

是非、エンジンマウントの事なら一度当社、ウレタン加工.comの立成化学工業所にご連絡頂ければ

幸いでございます。有難うごさいます。有難うございます。有難うございました。

旧車(クラシックカー)のエンジンマウントの復活方法 - ウレタンゴム加工


今回のエンジマウントのご依頼はとても良好な感じでお取引が完了ました。

エンジンマウントの必要な数量が1個でした。

又、旧式のエンジンマウントが原型を留めてたため、ゴム型の製作がスムーズに出来

エンジンマウントの成型が成功しました。

エンジンマウントのご依頼。 - ウレタンゴム加工

今回のエンジンマウントが必要だった車種は、50年前のM社さんのキ〇〇ルという車でした。

メーカー様の部品供給の保証期間は約10年を超えた辺りからキツク成って来るので

その辺りから、長く旧車(クラッシックカー)を乗りたい方にとっては、エンジンマウントが

ガタが来だすかもしれません。そらそうですよね。メーカー様は、新しい車にどんどん乗って

欲しいと思いますので、部品供給はいずれストップしますよね。

そこで、登場するのが我が社みたいな零細のウレタンゴム製造工場。小回りが利いて、大企業様が

手掛けられない加工をしている工場(こうば)であります。

エンジンマウントは大体が途中でガタが来ます。その為、車に興味がある人は気に成るらしいです。

又、レースなどに参戦してる人もとてもエンジンマウントを気にしてるらしいです。

リジットされてる方も結構いらっしゃるとの事。それはそれで、振動が身体に直に来るので

レースをされてる方はリジットされてるんですね。

エンジマウントの成型方法は又後日披露させて頂きたいです。

有難う、有難う、有難うございます。

エンジンマウントのご依頼。 - ウレタンゴム加工


本日、お客様が来られまして、色んなお仕事のご提案をさせて

頂きました。その中でウレタンローラーやウレタンライニングのお仕事の

提案と共に、ウレタンゴムでの想い出づくりのお仕事の提案もさせて

頂きました。とても、興味深く聴いて頂き次のステップに進む事に

成りました。

これからも、機械加工のウレタンゴムと共に新しくお客様に提案できる

想い出創りのウレタンゴム!!も宜しくお願い致します。

有難うございます。

想い出創り企業の立成化学工業所② - ウレタンゴム加工


当社はウレタンゴム加工業を生業にしております。

殆どのお仕事を手作業でして、完成品を出荷させて頂いております。

下の製品(商品)もウレタン加工品です。しかし、これは機械部品では有りません。

ウレタンゴムに拠る、想い出作り品です。

先ず一発目は、三ノ宮ひろしさんの想い出作り品です。

自分の過去を封印というよりは、自分の過去の想い出をきっちり型に嵌めこんで

残しておく!!っという事に致しました。

このウレタンは経日変化にて色が変わる事無く、透明なままですので

綺麗なまま想い出を留めておけます。

クリアウレタン製品で貴方(貴女)様も大切な一品(一枚)残しておきませんか。

想い出作り企業の立成化学工業所 - ウレタンゴム加工

想い出作り企業の立成化学工業所 - ウレタンゴム加工


2016年06月06日

当社は、モノさえあればどんなモノにも注型致します。

今回は、コルクの板にイラストやシール等をあしらったモノに

クリアウレタンを塗布(注型)してみました。

何となくアートでしょ!?

これはコルク作家さんが持ち込んで頂いた企画ですが、なかなかアートで形には

なっています。しかし、まだまだエアーの問題も有り製品としては改良の余地が

有る製品に仕上がりました。

ご依頼有難うございます。

どんなモノにも注型 - ウレタンゴム加工

どんなモノにも注型 - ウレタンゴム加工


ここでは、ウレタンゴム加工を実際行ったことや3S活動の事しか

書かないのですが、ちょっと違ったウレタンゴムの考察について考えてみます。

本を読んで、ウレタンゴムにどう結び付けていくか?

私の仕事はズバリ。。。お仕事を創りだす事。

実際のウレタン加工をする事では無い。それを再認識させて頂いた下記の

みうらじゅんさんの

”ない仕事の作り方”

その中で一番めと二番目感銘を覚えた言葉はこれ!!

”面白いことを完成するなら、
全て自分でやる必要は無い”

”チームで仕事をする場合、
自分と似たタイプでは無い人
と敢えて組んでみる”

今、他の組織の方と”ウレタンゴム”について色々可能性を探っている。

その方は、実際ウレタンとは元々関わりは無いのだが、”ウレタン”に拠って何か世界が

変わるんじゃないか?いや、”ウレタンゴム”で全世界の人が幸せに

成れるんじゃないか?っと真剣に討論してる。

その方達は、まさしく私と似たタイプでは無い。だから色んな意見が出て来る。

有り難い。ホンマにめっちゃ面白いです。。。”ウレタンゴム”

有難うございます。有難うございます。有難うございました。

ない仕事の作り方 byみうらじゅんさん - ウレタンゴム加工

で、考えだした製品。この製品好きです。

クリアウレタンコースター。

ない仕事の作り方 byみうらじゅんさん - ウレタンゴム加工




ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ・お見積もりはお気軽に!
ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ

ウレタンゴム加工110番特急便

最新のコメント