加工ラインナップy

ウレタンライニングについて

ウレタンライニングとは?

ウレタンライニングとは、鉄、SUS、アルミ、真鍮等の金属の外周部分をウレタンゴムで覆う加工です。金具や鉄芯などの周りをウレタンゴムで覆うことで、金属と金属が直接当たることを避け、金具が傷つくことを避けることができます。
また、ウレタンゴムでライニングすることで摩擦係数を高めることができ、紙送り用のローラーなどでよく使われます。ウレタンライニングの際に一番注意が必要なのは、元になる金属と、ライニングしているウレタンゴムが剥離しないようにすることです。そのためには丁寧な下処理が必要となりますが、当社ではその手間を惜しまず、時間を掛けて下処理を行っています。その結果、剥離しにくく、長寿命の長い製品を作り出すことができます。

どういう形状の時に使われますか?

主に、紙送りローラーや硬貨の判別機のローラー、紙幣の送りローラーなどに使用されています。ウレタンゴムは耐摩耗性が高いため、繰り返し使用するような場面に最適です。また、原材料がシンプルで、添加剤などが入っていないため、触れるものを変質させたり、影響をおよぼすことがありません。そういう面もあり、ローラー類でよく利用さています。

その他にも、ロボットの爪の部分にもライニングが使われています。例えば、何かを掴むようなロボットの爪の部分にウレタンゴムをライニングしておくと、ロボットが物を掴む際に傷つけることがありません。そういった緩衝材的な使い方も可能です。

加工方法

まずは元になる金具をブラスト処理し、表面にウレタンゴムが定着しやすい状態にします。

その後、接着剤を塗布して強制乾燥を行います。

乾燥が終わったら、金具を金型にセットして、ウレタンゴムを注型し、一次加硫・二次加硫と熟成させます。

硬化したら、余剰部分のウレタンゴムを研削・研磨加工して、製品に仕上げていきます。

使用する機械

ウレタンゴムの原材料と硬化剤を撹拌する撹拌機、金型を加温するための熱盤を使用します。
又、当然二次加硫に必要なオーブンとウレタンゴムの余剰部分を研削研磨していく旋盤や研磨機も使用します。


ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ・お見積もりはお気軽に!
ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ

ウレタンゴム加工110番特急便

3Sへのこだわり

よくある質問

お客様の声

社長ブログ

立成化学工業所のfacebookページはこちら

立成化学工業所のマル秘動画大公開!

社長紹介動画 株式会社立成化学工業所 畠中 浩