ウレタンゴム加工の実例・実績

数多くのご要望にお応えし、それをカタチにしてきました。その一部をご紹介いたします。

硬度で探す
製品の種類で探す
材料で探す
加工方法で探す
色で探す

No.311 かんな送りローラー 80度 Φ65×Φ31×380L

ウレタンゴム加工の写真

商品名 : かんな送りローラー Φ65×Φ31×380L
加工 : 注型(金型無し)+研磨加工
製作期間 : 1週間(2本)


お客様が困っていた点

こちらのお客様は岐阜県のお客様です。私ども立成化学工業所の関西一円以外の

お客様以外では、結構な割合で岐阜県率です。

こちらの製品は、おそらく自社で何かを製作したり、削るのに使う

ローラーだと思われます。2本という単位なのでなかなか

頼むのに気が引けられたのかもしれませんね。

製作のポイント

今回の、製作のポイントは以下の3点だと考えられました。

1.汎用金型をどのように製作するのか
2.ウレタンゴム研削・研磨をどの機械でするのか
3.ウレタンゴム研削・研磨の砥石はどれを使用するのか

この3点でした。


①汎用金型は当社立成化学工業所が長年行って
います、アルミの3㎜の板を曲げて丸めました
注型面だけ少しアルミの板を立てて
流し口を製作しました。

②ウレタンゴム研削・研磨は本当なNC研削盤で
したい所でした。しかし、若干寸法が大きく
(長さ方向に)、苦渋の選択として汎用旋盤に
エアー砥石を取り付けて研削・研磨加工を
施しました


③上記に書きました通り
エアー砥石をしようしました。
PTMEG系硬度80度で注型しましたので
綺麗に研削・研磨加工を行いました

苦労した点

①汎用金型にての注型で困った点

少し、汎用金型の外径が思ったよりも大きく
製作したため、液状ウレタンを注型する
位置と金具の位置が遠すぎたため
エアーが咬みやすかったです。


そこでなるべく、ビーカーから
液状ウレタンが流れ出るのを
細く狭くして
ゆっくり注型するように心掛けました。


ここで大雑把に注型しますと
エアーが咬みやすくなるので
細心の注意が必要です。



②・③
ウレタンゴム研削・研磨で
一番怖いのはヤケという現象です

ヤケは砥石の送るスピードや
砥石を一度に送る距離にも関係
してきます

今回はエアー砥石による
自動送りを使いウレタンゴム研削・研磨
を行いましたので

その点は回避出来ました



注型の担当者が上手く流せた為
加工の担当者もスムーズに


ウレタンゴム研削・研磨加工を
行えました


後工程はお客様!の精神が
会社の隅々まで浸透している
証拠だと感じました

実績一覧に戻る

ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ・お見積もりはお気軽に!
ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ

3Sへのこだわり

よくある質問

お客様の声

社長ブログ

立成化学工業所のfacebookページはこちら

立成化学工業所のマル秘動画大公開!

社長紹介動画 株式会社立成化学工業所 畠中 浩