ウレタンゴム加工.com

C加工c-processing

C面加工とは?

C面加工とは、文字通り角(コーナー)を取るという加工です。

端面がピン角になっていると、他所の部品や機械を傷つけてしまうため、C面加工を行って傷がつきにくくします。

どういう場面で使われますか?

C面加工をすることによって、ウレタンローラ等の端面がピン角にならずに緩やかになり、他の製品と接触する場面には緩衝役として大いに役立ちます。
ウレタンローラーの硬度が高めの場合はC面加工をすることをお勧めしますが、硬度が低めの場合はそもそも傷がつきにくいため、C面加工は不要なケースが多いです。

加工方法

汎用旋盤にバイトをセットして、角度(C面)を付ける作業が主です。
また、砥石を使いC面を取ることもあります。その場合は、砥石にC面が元々取られており、エアーを使い砥石を接近させてC面を取っていきます。

ウレタンゴム加工のことなら何でも!
お問い合わせ・お見積もりはお気軽にどうぞ!

受付9時〜18時(休み:土日祝)078-927-5112  078-927-5114
© 2020 株式会社立成化学工業所
TOPへ