加工ラインナップy

ウレタンプレス成型について

ウレタンプレス成型とは?

ウレタンプレス成型とは、ウレタンゴムを注型した後、一般の合成ゴム成型と同じようにプレス機を使用して圧力を掛けていく成型方法です。
ウレタンプレス成型は非常に難易度の高い成型方法で、シビアなタイミングが要求されます。一般の合成ゴムのプレス成型は、まずゴム材料の練り作業が行われ、その練ったゴム生地を金型にセットしてプレスします。既に一次加硫し終わったゴム材料をプレスするので、それほどタイミングは難しくありません。

一方、ウレタンプレス成型の場合は、撹拌した液状のウレタンゴムを金型に注型します。この際、まだ一次加硫が終わってない状態であり、状態が変化し続けています。金型の下面と上面の熱伝導の違いにより、ウレタンゴムの硬化するタイミングのズレが生じ、上部と下部で加硫の度合いが変わってしまうのです。それほど、ウレタンゴムにおけるプレス加工とはシビアで難しい加工なのです。

当社では、職人の熟練の技術と経験により、そのシビアなタイミングをコントロールしています。そのため、不適合品の発生率が他社と比べても劇的に少なく、安定した品質をお届けすることができます。

どういう形状の時に使われますか?

お客様が元々ウレタンゴムローラーを使用されており、そのウレタンゴムの部分が経日変化により劣化してきて使用不可に成って、只芯金の部分だけは再利用したい場合にウレタンゴム部だけを剥がして使用する。ウレタンゴムがライニングされている金具の方も大変高価なものであり、再利用する事に拠り費用も安く済みますしECOにも繋がりお客様も喜ばれ、とても重宝がられている加工方法です。

加工方法

まず、普通のウレタン注型と同じように金型にウレタンゴムを注型していき、その後、最適なタイミングでプレス成型を行います。

数値的には、2,000~3,000CPSの粘度の時にプレス加工をするのがベストですが、この状態を見極めるのが非常に難しく、経験がものをいう部分です。当社では熟練の職人が約50年培ってきたデータと経験に基づいて見極めており、不適合品比率はかなり低くなっています。

プレス成型が完了した後は、バリ取りや検品を行い、高い精度と品質の製品に仕上げていきます。

使用する機械

プレス機は4台使用しています。2代目の社長が引き継いだ時はプレス機は1台でしたが2012年7月~ に4台体制に成ってからはフル稼働状態です。

プレス機


ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ・お見積もりはお気軽に!
ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ

ウレタンゴム加工110番特急便

3Sへのこだわり

よくある質問

お客様の声

社長ブログ

立成化学工業所のfacebookページはこちら

立成化学工業所のマル秘動画大公開!

社長紹介動画 株式会社立成化学工業所 畠中 浩