ウレタンゴム加工.com

実績・実例works

金具に90度ウレタンゴムをΦ6ライニングを施してみました。

金具に90度ウレタンゴムをΦ6ライニングを施してみました。
商品名

金具にΦ6のウレタンゴムライニング

加工

ウレタンゴム型製作+注型

製作期間

3日~5日間

お客様が困っていた点

すいません。特に困ってたお客様では無いのですが、
少しでも早く、少しでもお安くして欲しいとのお客様のご希望です。

ウチのモットーは早い・綺麗・高い(笑)なのですが

お安いとのご要望も有りました。

製作のポイント

写真を見て頂ければ、分かるのですが、この金具にウレタンゴムがライニング(焼き付け)される部分
はごく僅か。殆どが、ウレタンゴムライニングされない部分です。

やり方としたら、ウレタンゴムをガバッテ全部覆って(ライニング)しまって、後からフライス等の
研削機械で削除してしまう方法と。金型を作ってしまうっていうやり方が有ります。

どちらも、時間と費用が掛かりすぎる(LOTが少ないので)ので、液状ウレタンゴムならではの
やり方を考えてみました。

苦労した点

まず、Φ6より若干細い(Φ5.9位)ウレタン棒を作る事にしました。
それは、この金具を利用して製作してみました。

その次にウレタン棒をこのΦ6に差し込み、ウレタンゴム金型違いますウレタンゴム型を
作成することにしました。

そして、そのウレタンゴム型をこの金具にセットして、その隙間のΦ5.9の穴とウレタンゴム型の
間にある隙間にウレタンゴムを注型して、ウレタンゴムライニング(ウレタンゴム焼き付け)を終了しました。

液状のウレタンゴムなので出来ることであり、又この注型方法なので
早い・綺麗・ちょっと安い(笑)製品が出来上がりました。

社員さんのご苦労に感謝するとともに、お仕事頂いたお客様にも感謝したいと
思います。

有難うございました。

ウレタンゴム加工のことなら何でも!
お問い合わせ・お見積もりはお気軽にどうぞ!

受付9時〜18時(休み:土日祝)078-927-5112  078-927-5114
© 2020 株式会社立成化学工業所
TOPへ