ウレタンゴム加工.com

実績・実例works

ウレタンゴムローラー C面加工付き

ウレタンゴムローラー C面加工付き
商品名

ウレタンゴムローラー C面加工付き

加工

注型(金型無し)+研磨加工

製作期間

1週間(3個)

お客様が困っていた点

こちらのお客様は、当社が約30年お取引して頂いてる
お客様です。合成ゴム加工の会社様です。
先代からのお取引で、実はここの社長様だけが
私(2代目)の社長就任の時にお祝いを下さいました。
有難いお話です。

製作のポイント

ウレタンゴムローラーと言えば、昔は大体がウレタンゴム硬度は
90度でした。ウレタンゴム=硬度90度というのが定番でしたが
この頃は上の硬度はウレタンゴム硬度が95度で、下の硬度はウレタンゴム硬度が
30度に成っていて。硬度の幅が広がってきています。
その対応を当社は全て行っています。

苦労した点

このウレタンゴムローラーの硬度は60~70度という事で
今、ウレタンゴムローラーで一番需要が有る硬度です。
ウレタンゴム注型も比較的スムーズに行きます。何故なら、これ位の
硬度に成るとポットライフ(可使時間)も十分に有り、それに反して
硬化時間は案外短いです。それは、脱型時間が短いので効率的な
ウレタンゴム注型が出来ます。これを可能にしているのが、
カプロラクトンエステル系というウレタンゴムの材料です。
このエステル系の材料を使用する事に拠って物性も効率も
凄く良く成るので是非、お勧めです。
皆さまも、カプロラクトンエステル系の材料で注型加工してください!!
っと仰って下さいませ。

ウレタンゴム加工のことなら何でも!
お問い合わせ・お見積もりはお気軽にどうぞ!

受付9時〜18時(休み:土日祝)078-927-5112  078-927-5114
© 2020 株式会社立成化学工業所
TOPへ