ウレタンゴム加工.com

実績・実例works

両面面取りウレタンゴムローラー

両面面取りウレタンゴムローラー
商品名

両面面取りウレタンゴムローラー

加工

注型(金型無し)+研磨加工

製作期間

2週間(80個)

お客様が困っていた点

こちらのお客様は、当社が3S活動をするキッカケを作って下さった
会社様からのご紹介です。
恐らく、5年前程にお見積りだけ頂いた記憶がございます。
その時は、見積もりだけをさせて頂きました。
今回はこの部品を実際に、お客様の現場(?)で使われると
の事でした。
その際、
ウレタンゴムという事で当社を思い出してくださいました

製作のポイント

この両面面取りウレタンゴムローラーの製作のポイントは
3つです。
①Φ29+0.1 0の公差に入れる事
②硬度90度と硬度60~65度の硬度分けをする事
③両面面取りを正確に行う事
この3点に留意しながら
ウレタン注型+ウレタンゴム研削・研磨加工
を行いました。

苦労した点

この両面面取りウレタンゴムローラーの製作に辺り
苦労した点は以下の3点です。
①製品の仕上がり外径がΦ29という事で
Φ30では注型出来ないので、Φ35の注型冶具を
製作した
②ウレタンゴム硬度60~65度という事で
硬度62~63度を狙いウレタンゴムの配合を
行った
③両面面取りはウレタンゴム研削・研磨加工内で行いました

其々、
ウレタンゴム注型担当の社員さんも
研削・研磨加工担当の社員さんも

上記を念頭に置き作業を取り掛かってくれました。

良い仕上がりの製品に成りました。

ウレタンゴム加工のことなら何でも!
お問い合わせ・お見積もりはお気軽にどうぞ!

受付9時〜18時(休み:土日祝)078-927-5112  078-927-5114
© 2020 株式会社立成化学工業所
TOPへ