ウレタンゴム加工会社 2代目社長の挑戦ブログ

記事一覧

新しいお客様から、ウレタンゴム70度のガイドブロックの製作依頼をお受けしました。

何度も、ご連絡頂き本当に恐縮いたしました。

ウレタンゴムライニング(ウレタン焼き付け)がお仕事の80%を占めますが

後の20%はウレタンゴム単体のお仕事もお受けしています。

又のご用命をお待ちしております。

ウレタンガイドブロックのお仕事をさせて頂きました。 - ウレタンゴム加工


私は、普段から皆さんに遊んでる!!って思われています。

うーん、どうでしょうか?実際、どこまでがプライベートかどこまでかビジネスかは

私でも区別付けてません。会社に居る時だけ、ウレタンの事、経営の事を考えている

のでは無く、走ってるとき、アルコホールを飲んでる時もウレタンの事、経営の事考えて

居ます。まぁ~、経営者なので当たり前!っていやぁ、当たり前!!ですが・・・

そういう意味では、このお客様の声のFAXはとても嬉しかったです。

私の拙いブログを、“特にブログはおもしろい”って言って頂いたので。

殆ど、褒められる事の無いウレタン屋にとっては最高の賛辞でした。

その上、お仕事を頂いているのですから・・・

本当にお仕事有難うございます。

“特にブログはおもしろい” - ウレタンゴム加工


この品物はヨーロッパに販売する品物なんです。

もうサービス部品が廃番に成ってるクラシックカーのエンジン部品です。

エンジンマウントって言うんですね。

私も、車は大好きなのですが。

この品物も、右手前にある金具にライニングして製品にします。

金具でウレタンをサンドウイッチする形ですね。

左手前がこの金具を利用したエンジンマウントです。
(バリを取って無いので半製品ですが)

左奥が又、違う金具を利用したエンジンマウントです。

(金具だけの写真を撮り忘れてます)

この品物も金型作成せずに、ウレタンゴムライニングをしております。

個数は20個ほど。エンジンマウントのお仕事もこのお客様も含めて

数社(個人の方もいらっしゃいます)ご依頼が有りました。

手作業なんで、公差を!!って言われる部品は難しいですが。

取り敢えず、その部品が剥がれず、セット出来たらええねん!!って

いう方はどうそ一度お声かけください。但し、エアーとゴミの異物は入って

無い製品ですよ!!そこは、3Sなどしてきっちり行っています。

ご安心を・・・

エンジンマウントを製作してみました。 - ウレタンゴム加工


昨日の、金具にウレタンゴムライニングを施しました。

1種類は、このまま製品に成るのですが、もう1種類はこのウレタンに

角度が付き(確か120度の角度)、センターに溝(おそらく3㎜)が入ります。

例えば、これを液状のウレタンゴムライニングではなく、合成ゴムで見積もったら

凄い金型代を見積もられるでしょう(笑)。金型を使用しない方法も有るらしいですが。

当社は、当然全社で金型代は見積もりません。金型無しで注型いたします。

ランニングコストは高くなるとは思いますが、1~10個のお仕事なら金型代は

出ませんもんね。

本当に1個からさせて頂いていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

お仕事有難うございました。

明後日、完成品の角度が付いて溝が有るウレタンゴムライニングをUPします。

金具にウレタンゴムライニングを施してみました。 - ウレタンゴム加工


このライニングを機械加工無しで出来る
社員さんの技術力と
創造力に感激しました。

この工程はかなり忍耐強く仕事をしないと
出来ません。

液状にウレタンゴムライニングは、色んなモノで
型取り出来ますので、色んな所に
ライニング出来ます。

ここの先に少しだけウレタンゴムライニングして欲しい‼︎

この中に少しだけウレタンゴムライニングして欲しい‼︎

っていうご依頼お待ちしております。

社員さんに感謝‼︎

お仕事ご依頼頂いた会社様にも感謝致します。

Φ6の穴にウレタンゴムライニングを施しました。 - ウレタンゴム加工


ドライバーの鉄の部分にウレタンゴムライニング(コーティング)を施しました。

なかなか綺麗な出来上がりです。

お仕事ご依頼有難うございました。

ドライバー

ドライバーの先にウレタンゴムライニングを施しました。 - ウレタンゴム加工

ドライバーにウレタンゴムライニング(コーティング)施したモノ

ドライバーの先にウレタンゴムライニングを施しました。 - ウレタンゴム加工


一般に5%程度の歪の状態でウレタンゴムが使用されると殆ど影響を受けな

いと言われてます。15%がその限度のようです。

故に一般に圧入の場合、軸の95%の寸法のゴムの内径のものをはめるのが
常識のようです。

EX. Φ13の軸にはめこむゴムの内径は13×0.95=Φ12.35となります。
  Φ12.35がFree時の寸法となります。
   尚ウレタンゴム成形時(105±5°)にも17/1000の収縮を見込みます。
   故に成形用金型の内径の軸も12.35(1+17/1000)=Φ約12.56の寸法
   となります。一般に焼付の場合も出来た製品のゴムの状態は17/1000
   (すなわち1.7%)の歪を既に持っていると考えられます。

ウレタンゴム圧入によるトルク保持力の経日変化について。 - ウレタンゴム加工


先日、金具(爪)を支給して頂きウレタンゴムライニングを行いました。

金具の写真も美しいですが、ウレタンゴムライニングした完成品の金具も美しいです。

金具の写真

ロボットハンド・チャックの爪へのウレタンゴムライニング。 - ウレタンゴム加工

完成品の写真

ロボットハンド・チャックの爪へのウレタンゴムライニング。 - ウレタンゴム加工

金型無しで注型しています。




ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ・お見積もりはお気軽に!
ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ

ウレタンゴム加工110番特急便

最新のコメント