ウレタンゴム加工会社 2代目社長の挑戦ブログ

2015年12月14日
注型ウレタンの極意

当社は、手のひらサイズのウレタン加工です。

写真の通りの製品のウレタンライニング(ウレタンを芯金に焼き付ける)したり

ウレタンパッキンを作ったり、ウレタンプレス加工品を作ったりします。

でも一番大切にしたい仕事は、ウレタンの注型という仕事。

ウレタンを金型屋様が作って頂いた金型に、ウレタン原材料とウレタン硬化剤を

撹拌したモノを流し込む事。

金型の空いてる隙間にウレタンを流し込む事。簡単なようで案外難しい仕事。

まず、一番はウレタンで金型の隙間を埋めると云う事は、当然エアー(空気)が

噛む事を想定しないといけないです。ある一定方向からウレタン注型をしないと

ウレタン材料とウレタン材料が当たってしまいエアーが噛むからである。

で液状のウレタンとウレタンが当たる所には必ずエアーが噛むので、エアー抜けを

作らないといけないとか・・・

又、ウレタンの金型は、基本熱盤の上にセットするので余り背の高い金型は作らない。

何故なら、下と上では熱伝導が違ってくるので、ウレタン硬化の時間に微妙なズレが

出て来るため。又、ウレタン注型も出来るだけ金型に近付いて注型する事。

例えがオカシイが、ビールを注ぐときでもエアー(ビールで言えば泡)が沢山出ない様に

グラスにビール瓶を近付けて注ぐのをイメージして頂いたらお分かりに成ると思います。

たかが、液状ウレタンを流すだけだがされど液状ウレタンを流すのです。

色んな気遣いをしながら、液状ウレタンの注型作業を我々は行っています。
注型ウレタンの極意 - ウレタンゴム加工


関連のありそうな記事 ぜひこちらもご覧ください!

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文
 


ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ・お見積もりはお気軽に!
ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ

ウレタンゴム加工110番特急便

最新のコメント