ウレタンゴム加工.com

新着情報&ブログblog

2016.05.30古ゴム剥がし・・・

当社の業務に古ゴム剥がしという作業が有ります。

それは、ウレタンゴムローラーの巻き替えのご依頼が有りますので、

その場合現在付いているウレタンゴムを剥がさないとイケないのです。

例えば、こういう状態でウレタンゴムローラーが送って頂いております。

image5

本日正午に着いたウレタンゴムローラーです。それを、まず剥がさないといけません。

剥がす方法としては、3種類あります。

①旋盤等で機械的に剥がす方法

 ウレタンゴムローラーを旋盤にセットさせて回転させ、バイトという刃物でウレタンゴムを

 捲りとります。時間は速いですが、付いているウレタンゴムが加水分解などでゴムの結合が

 破壊されていてベタベタしているとこの工程は踏めません。

②溶剤などで膨潤させて取る方法

 ウレタンゴムは、溶剤等に弱い為、溶剤に浸すと膨潤して又、ウレタンゴムが破壊されます。

 そのために芯金からウレタンゴムが剥がれて行きます。

③熱を加えて剥がす方法

 ウレタンゴムの耐熱温度は常時80度と言われています。故に、オーブンで150度以上の温度を

 掛けると、接着剤とウレタンゴムの境界面が侵され、そこから剥がれて来るという現象が起こります。

さて、今回はどれだったでしょうか?

その日の内に、ゴム捲り(剥がし)から、ショットブラストから接着処理まで完納しました。

有難うございます。有難うございます。有難うございました。

2016-05-30 15.08.46

【古ゴム剥がし・古ゴムの巻き替え加工についてはこちらをご覧下さい。】

関連のありそうな記事

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文

最新のコメント

ウレタンゴム加工のことなら何でも!
お問い合わせ・お見積もりはお気軽にどうぞ!

受付9時〜18時(休み:土日祝)078-927-5112  078-927-5114
© 2020 株式会社立成化学工業所
TOPへ