ウレタンゴム加工.com

新着情報&ブログblog

2021.07.07ウレタンゴム加工には温度・湿度が如何に大切か!?

当社立成化学工業所は
ウレタンゴム加工販売を51年行って
きましたので

注型ウレタンゴム加工に関しては
他社に負けない、経験や知識があると
考えています。


ウレタンゴム加工で見積もりをご依頼される時は
3社に相見積もりを取ってくださいませ。


ただし、その一つに
創業51年ウレタンゴム一筋の立成化学工業所
を加えて下さいませ。

 

この時期は
ウレタンゴム加工屋にとっては
とても大事なのです。

 

そうなのです
ウレタンゴムの原材料
が加水分解を起こしやすい
時になるからですね


このBlogにも
何度も書いています



ウレタンゴムの原材料には
エーテル系とエステル系
があるのです

 

 

―O―(エーテル系)

H₂O(水)とは反応しない

―COO―(エステル系)

H₂O(水)と反応するのです

 

―COO―+H₂O
=―COOH(酸)とOH(アルコール)
に分解され


ウレタンゴム材料の
エステル系は


加水分解が起こるのですね

 

 

よって
当社の様な
液状注型ウレタンゴム加工の
会社は湿気を嫌います


その為
毎日毎日
仕事場の工場の中では
湿度が気になります

 

 

 

この様に
ノートに毎日・毎日
湿度と温度を書きこんで
行くのですね

 

 

この様に
当社の攪拌室には
常にこのノートがぶら下って
おります

 

 

 

 

社員さんは
ウレタンゴムを
攪拌する時
注型する時には

 

常にこのノートが
必要なのです

 

今朝
温度・湿度は
何度だったのか。。。って

 

 

それ位
ウレタンゴム注型屋は
高温多湿が嫌いなのです

 

 

 

常に
温度と湿度が
分かるように電波時計
を表示しています

 

コレを見て頂くと
お分かりの様に

撹拌機の真ん中に
ドーンっと電波時計が
あります。

 

故に
攪拌する前に
この温度・湿度を見て


ウレタンゴムの原材料に
硬化剤を投入して
攪拌作業を行います

 

湿度が
一定の%以上に上昇すると
ウレタンゴムの原材料の攪拌を
しない事にしています

 

 

そうする事により
ウレタンゴムの加水分解を
回避できると考えております

 

良い製品をお客様に
お届け出来るように

最新の注意を払い


液状注型ウレタンゴムの

 

  1. 計量
  2. 攪拌
  3. 注型

 

を行っております。

 

是非、その様な拘りをもって
注型ウレタンゴム加工を行っています

 

立成化学工業所に
ご用命くださいませ。

 

 

 

 

 

関連のありそうな記事

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文

最新のコメント

ウレタンゴム加工のことなら何でも!
お問い合わせ・お見積もりはお気軽にどうぞ!

受付9時〜18時(休み:土日祝)078-927-5112  078-927-5114
© 2021 株式会社立成化学工業所
TOPへ