ウレタンゴム加工会社 2代目社長の挑戦ブログ

記事一覧

今日は、以前2回見積りさせて頂いた(ネットから)会社さんに電話しました。

何故したか?と言いますと、昨日のセミナーの懇親会でネットで見積りさせて頂いた

会社さんに失注、発注に関わらずその理由を聞いた方が良いよ!!

って教わったからです。

その見積りっていうのは、製品の単価を金型込みで試算しました。

明らかに金型代は出ないだろう!!ってこちらが勝手に思ってたみたいで、

今日電話すると、金型代と製品代を分けて出してもらったら上手くいくかもしれませんね

と言われました。

電話した甲斐がありました。昨日のセミナーで教えてくれた鯖江の星のNさん、

ブラシビレッジのKさん有り難うございました。

何でもすぐ実行ですね。やっぱり(^^♪


2010年11月18日

当社はウレタンゴム加工の専門会社です。

が、ウレタンゴム以外でも仕事にしている事が有ります。

それが、研削・研磨事業です。事業という大きなモノでは無いかもしれませんが
この仕事だけはウレタンゴム以外の事でも引き受けます。

基本は、当然ウレタンゴムの加工で研削・研磨をするのですが、合成ゴムの研削・研磨
も行っています。

鉄を削るという事は無理ですが、ゴムを削るという事は出来ます。
それでも、基本的には手のひらサイズが得意なので大きいゴムローラーは出来ません。

もし、ウレタンゴム以外の合成ゴムで研磨して欲しいとおっしゃる方は一度お問い合わせ下さい。
お力になれると思います。

宜しくお願い致します。
下の写真はCNC研削盤(XYZ方向に動く)と研磨機と
CNC研削盤で研磨したシリコンローラーです。





今日は、HPからのお問い合わせに、お客様が近いという事もあって
訪問してきました。

本当に近くで車で約20分くらいの所でした。

見積り自体は少し高いかな!?と云う事でお蔵入りになりましたが
お客様に直接会って話しをさして頂くと言うのは非常に有難いし
勉強になるし、お役に立ちたいと思いますね。

お見積りでも、近畿圏内なら会いに行って話しをしてみたいな
と真剣に感じました。

貴重な時間を有り難うございました。





当社はウレタンゴム加工の専門会社です。

その中でも得意分野はウレタンローラーやウレタンゴムライニングでした。
これは、芯金(アルミや鉄や真鍮)にウレタンをライニングして研磨
すると云う工程を経て出来るものです。

その他は、型モノといって金型にウレタンを流し込む事によって
その型通りのウレタン品が出来るというを得意にしてやってきました。

それが、この度新しくウレタン加工品(下の写真参考です)という
ウレタンの丸棒や板状のモノから加工して形にすることを始めました。

ウレタン加工品で1個から5個くらいなら型を作る事は出来ない会社さんには
非常にお得だと思います。

とてもリーズナブルに短納期で特に超小ロットのお客様はどんどんお問い合わせ下さい。

但し、あまり公差の厳しいものはご要望にお応え出来ない場合がありますので
ご了承下さい。

有り難うございました。




この仕事について約13年と7ヶ月位です。前職は約8年でした。

社長になってからは約6年と3ヶ月。

最初の頃は、毎日やる事は・・・

ウレタンの材料を計量する事。それを脱泡する事。

金型に離型材を塗布する事。金具をセットする事。

金型に注型する事。金型から脱型する事。

バリを取る事。二次加硫の炉に入れる事。

最後に明日の準備をする事。

それをずっとやってました。

その内、営業に出るという仕事が週に2回するようになりました。

そして、社長になって5年間もそんなに変わらなかったが・・・

この1年は劇的に毎日する事が変わってきました。

そう3S活動をするようになった。

又、週の内2~3回は営業&勉強に大阪に出るようになった。

それを機会に色んな経営者と知り合い勉強になり、立成化学の知名度も

上がってきたと思います。

そうなんです。これこそが私の描いてた社長像なんです。

この活動はブレズにやっていきます。

こういう活動は私にしか出来ないと思っています。

先代とは明らかに違うやり方ですが、当社が永遠に存在続けるためにやっていきます。
最終的なゴールは一緒だと思います。





今、それが結果としてちゃんと顕れてきてます。






ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ・お見積もりはお気軽に!
ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ

ウレタンゴム加工110番特急便

最新のコメント