ウレタンゴム加工.com

新着情報&ブログblog

2014.01.16お客様との会話

お客さんから問い合わせの電話。

ウレタンゴムとアルミを接着してるけど・・・
なかなか付かない!!
って。

どうしたらええ?って聞かれたので。

まず、ブラスト処理を行って欲しいです。
って言うと、当然、ブラストの機械は持ってないので
出来ない。

それでは、まず脱脂してサンドペーパーの粗目♯40~50
でアルミを荒らしてください。

そして、もう一度脱脂して接着剤を塗布して
ウレタンゴムを張り付けてみて下さい。

っと丁寧に答えました。

表面を荒らすと云う事は、アルミの表面積が
大きくなり、接着剤とウレタンゴムが接着しやすく
なります。

但し、ウレタンゴムライニング(ウレタンゴム焼き付け)の方が
強力ですが。

又の、ご相談をお待ちしております。

ロボットハンド・チャックの爪へのウレタンゴムライニング

関連のありそうな記事

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文

最新のコメント

ウレタンゴム加工のことなら何でも!
お問い合わせ・お見積もりはお気軽にどうぞ!

受付9時〜18時(休み:土日祝)078-927-5112  078-927-5114
© 2020 株式会社立成化学工業所
TOPへ