ウレタンゴム加工会社 2代目社長の挑戦ブログ

2018年07月17日
ウレタンゴムローラーの製作方法についての肝は何!?

当社立成化学工業所は
注型ウレタンゴム加工を生業にして
50年が経過しました。

 

ただ愚直に注型ウレタンゴム加工だけに特化して
商売を50年行ってきましたので

 

注型ウレタンゴム加工に関しては
他社に負けない、経験や知識があると
考えています。

 

ウレタンゴム加工で見積もりをご依頼される時は
3社に相見積もりを取ってくださいませ。

 

ただし、その一つに
創業50年ウレタンゴム一筋の立成化学工業所
を加えて下さいませ。


このホームページをご覧になり
またこのページに辿り着かれたお客様の大半は


恐らくウレタンゴムローラーの
製作方法はご存知だと推測されます。

 

しかし、当社ウレタンゴム加工の立成化学
に居ます筆者自身のお仕事の振り返りも
こめて書かせて頂きます

 

少しばかり
このブログ!

ウレタンゴムローラーの製作方法について!

にお付き合いくださいませ。

 

 

 

 

古ゴム付きのウレタンゴムローラーの場合

  1. ウレタンゴムローラーについている
    古いウレタンゴムをメクル。


貴方様から見て前のトレイに載っているのが、
古ゴム付きのウレタンゴムローラーです。


芯金の内径の穴にぴったりメクルヤトイを利用して
古いウレタンゴムをメクッテいきます。

 

メクルのは下記の汎用旋盤にて。

 

で、捲られた芯金は恥ずかしいかもしれませんが
そのままトレイに載せられます。

 

 

ちょっぴり恥ずかしそうですね。

 

 

これから、新しいウレタンゴムの着物を纏う(まとう)
準備をてる感じですね。


まず、下地作り(ブラスト+接着剤処理)をします。
芯金の色がすこし不透明に成ってますでしょ。


コレがショットブラスト処理をしています
証拠になりますね。

 



少しだけ、鉄芯に恥じらいが取れてきた感じに
なります。

 

ここから、新しいウレタンゴムローラーを
纏って(まとって)いきます。

上から注型していきます。

故に、上の方だけ少し芯金よりも出ています。

立ててみるとこんな感じに成ります。

で、最終、注型面をカット(芯金と面一)して

外径を研磨して出来上がりです。

ちょいと発色(フラッシュのせいです。。。すいません)が

悪いですが。無事、新しいウレタンゴムローラーの完成に

成りました。

工程は。

①古ゴム剥がし

②脱脂

③ブラスト+接着処理

④液状ウレタンゴム注型

⑤注型面カット+外佳研磨

になります。

このウレタンゴムローラーは木工の世界でお役立ち致します。

本日も、どこかの木を切る、削る為に日夜働いておると

思います。

お仕事のご依頼どうも有難うございました。

感謝致します。

 

 

 


関連のありそうな記事 ぜひこちらもご覧ください!

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文
 


ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ・お見積もりはお気軽に!
ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ

ウレタンゴム加工110番特急便

最新のコメント