ウレタンゴム加工.com

新着情報&ブログblog

2018.09.28ウレタンゴムボール!!

これ位の大きさのお仕事もしております。Φ200のウレタンゴムボール。
中のアルミ芯はΦ140だったりΦ160だったりΦ180だったり致します。

見た感じは、液状注型ウレタンゴムライニングというのは簡単そうに
見えるかもしれません。しかしこれがなかなか難しいのです。

金型の形状が少し変わっていまして。ウレタンゴムを一定の方向から
注型いたしますとアルミ芯が軽すぎるとアルミ芯が浮遊してくるのです。

浮遊して来ると何が起こるかと申しますとアルミ芯に対して注型した
ウレタンゴムが均等にライニングされないのです。

注型の方向には殆どウレタンゴムがライニングされて無く、逆に金型の
底面の方にはウレタンゴムが多くライニングされてるのです。

例えば、Φ180のアルミ芯の場合でしたらウレタンゴムの外径は決まってる為、
Φ200×Φ180のウレタンゴムボールという製品に成ります。

普通に成型(注型)出来た場合は、均等に10mmづつウレタンゴムライニングが
されてるのです。しかしながらアルミ芯が浮遊してくると、一方は5mmで
ウレタンゴムライニングされてまた片一方は15mmというウレタンゴム
ライニングに成ります。

この、ウレタンゴムボールはどうも、このウレタンゴムボールを転がして何か
に衝突させて破壊するという役割を担っているらしいです。

勿論、上記の様に一方は5mm片一方は15㎜という風に偏肉すると、このウレタン
ゴムボールはまっすぐ回転しないので品物的にNGになります。

実は、一度目のトライは浮遊して来るとは分からず注型したため。脱型する時点で
驚いてしまいました。二度目からは、その教訓をいかし、アルミ芯が浮遊しないよう
に工夫致しました。

こういった未知のお仕事というのは有難いですね。お仕事を頂いてお金も頂いて、
尚且つ勉強にも成る。お客様に本当に感謝の品物に成りました。

有難うございました。感謝です。左がアルミ芯、右が完成品のウレタンゴムボールです。

 

 

関連のありそうな記事

  • 全ては清掃から2017年6月6日 全ては清掃から 当社のウレタンゴム加工品は綺麗です。何故なら、会社全体で掃除を 徹底してるからです。朝の3S活動は […]
  • 撹拌作業2016年12月22日 撹拌作業 これは、原材料と導電材を撹拌している所。。 当社は色んな事にトライしております。 ウレタンゴムの様 […]
  • ワクワクします!!2015年2月26日 ワクワクします!! 私は、お客様との会話が一番好きです。 何か、ワクワクします。ウレタンゴムの可能性を感じます。 先日 […]
  • 東京を跳ねる!ウレタンゴム屋の新たな事業領域探索!!2023年5月26日 東京を跳ねる!ウレタンゴム屋の新たな事業領域探索!! 本日も手のひらサイズのウレタンゴム加工屋の立成化学工業所のHP並びに このblogに辿り着いて頂 […]
  • ウレタンゴム圧入加工2016年4月14日 ウレタンゴム圧入加工 当社はウレタンゴム加工業です。 主にウレタンゴムライニングとかウレタンゴム焼付とか言われる、金具に […]

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文

ウレタンゴムローラー復活サービス 古くなったゴムローラーを巻き替えします

ウレタンゴム加工のことなら何でも!
お問い合わせ・お見積もりはお気軽にどうぞ!

受付9時〜18時(休み:土日祝)078-927-5112  078-927-5114
ウレタンゴムのことならお問い合わせください!
ウレタンゴムローラー復活サービス 古くなったゴムローラーを巻き替えします
© 2024 株式会社立成化学工業所
TOPへ