ウレタンゴム加工会社 2代目社長の挑戦ブログ

2019年03月05日
ウレタンゴムはこんな所にも重宝しそう

突然ですが、
私は、外出すると

本当にキョロキョロ
します。

それは、何故かと
言いますと。

キョロキョロするのは

このモノが何か

ウレタンゴムで作れないか?

これに変って

何かウレタンゴムで

代替え出来ないか?

等を考えています。

今回思いついたのは

ステッキ(?)の

先に付いてるゴム

なのです。

ネットで調べてみると

もう既に存在していました。

で、ステッキの先のゴムの

取り換えサービス(有料)まで

行っていました。

あっ、黒の色(CRの自然色 )だけ

では無く

色も付けたら

良いのにと思いましたら

既に色付きの

ステッキの先のゴムまで

有りました。

CR(クロロプレンゴム)と

いう合成ゴムで

製作していました。

では、何故、ウレタンゴムでは無く

CR(クロロプレンゴム)が

使われてるか?

考えてみました。

CR(クロロプレンゴム)

通常は製品名の

ネオプレンと呼んでいます。

ネオプレンの特性

①非常に一般的で合成ゴムと言えば

 ネオプレンと言われている。

 (野球と言えば巨人みたいな感じです)

②クッション性が優れている

③難燃性で有る

④接着性が良い

私が思うのに

最初の頃、とりあえず合成ゴムで

行っておきましょう。

接着性も良いので(ステッキに)

それに加えて安いというのも魅力

だったのかもしれませんね。

ウレタンゴムの利点

を挙げてみます。

ウレタンゴムの特性

①耐摩耗性が抜群

 (先のゴムを全然変えなくて良い)

②硬度の幅が広い

③単品対応が可能

④機械的強度(抗張力)等に

 優れている

残念ながら

ウレタンゴム!

特に私(わたくし)の会社が

行っている

注型ウレタンゴムと

いう加工方法は

手間暇掛かるので

お値段が張ります!

しかし。。。

モノは間違いないです。

ウレタンゴム注型職人ならではの

拘りの配合

拘りの成型方法

拘りの加工方法

拘りの仕上げ法

があります。

是非一度

ウレタンゴムでの

嫌、立成化学の

ウレタンゴムの

スティックゴム!!

使って欲しいです。


関連のありそうな記事 ぜひこちらもご覧ください!

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文
 


ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ・お見積もりはお気軽に!
ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ

ウレタンゴム加工110番特急便

最新のコメント