ウレタンゴム加工.com

新着情報&ブログblog

2010.02.18サイアナプレン成型加工上の注意

ウレタンゴムの種類にはエーテル系とエステル系があります。
エーテル系は主に耐水性があって一般的である。
エステル系は耐水性は劣るが機械的強度は優れていると云われています。
そのエステル系の中でもサイアナプレンって云う種類があります。
そのサイアナプレンの加工上の問題点を挙げてみました。
①硬度不良
②ウレタン内部の筋
③小さい気泡
④大きい気泡
⑤ウレタン外部に顕れる線模様
⑥表面粘着
⑦ひび割れ
⑧ウレタン部品間の硬度不均一
⑨部品毎の硬度のブレ
⑩硬化する時間のブレ
⑪加工後の仕上がり不良

そういう問題を解決するには・・・
是非、当社にご連絡下さい078-927-5112。
経験豊富なスタッフが応えます。
宜しくお願い致します。


関連のありそうな記事

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文

最新のコメント

ウレタンゴム加工のことなら何でも!
お問い合わせ・お見積もりはお気軽にどうぞ!

受付9時〜18時(休み:土日祝)078-927-5112  078-927-5114
© 2020 株式会社立成化学工業所
TOPへ