ウレタンゴム加工会社 2代目社長の挑戦ブログ

2010年04月01日
ウレタンの成型温度と攪拌前のウレタン樹脂の温度について

成型温度は当方では105°±5°で管理しています。
特に低硬度の製品は成型温度によってかなり影響を受けるので要注意です。

一般にウレタン加工において低温度(90度位)で成型すると狙っている硬度より高硬度になり、
高温度(120度以上)で成型すると低硬度となります。

又、混合攪拌する前のウレタン樹脂の温度が低いと低硬度となり、
ウレタン樹脂の温度が高いと高硬度になります。
但し、成型温度の影響ほどは顕著ではありません。

ウレタン加工によるウレタン樹脂の温度は80度位が適当とされています。
但し、「成型温度」は熱盤の温度ではなく「金型の温度」です。

ウレタン加工の成型において「配合(樹脂と硬化剤)」と「成型温度の管理」が最も重要なポイントです。
当社は、成型温度は常に温度計によって成型温度を作業前と昼一に測るようにし、
配合は毎朝磨いている計量秤において注型ごとに確認していますので、ご安心下さい!


関連のありそうな記事 ぜひこちらもご覧ください!

1件コメントがあります

  1. JDF(株)金子 より:

    ウレタン樹脂についてご指導ください。
    樹脂材に特殊な金属酸化物の粉(3μm)を混入させ回転ドラムでシート
    を試作しました。当初はテストで箱に流し込みt2mmでした。
    今回回転と同時に硬度を低下させてみました。結果、酸化物の量の比率
    が低下しました。
    硬度を下げるために酸化物の量をさげることになるのでしょうか
    コメントいただけましたら幸いです。

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文
 


ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ・お見積もりはお気軽に!
ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ

ウレタンゴム加工110番特急便

最新のコメント