ウレタンゴム加工会社 2代目社長の挑戦ブログ

2012年12月14日
ウレタンゴムの成型温度と攪拌前のウレタン樹脂の温度について

成型温度は、手のひらサイズのウレタンゴム加工の立成化学工業所では

〇〇℃±5℃に設定していて管理しています。

特にウレタンゴムの低温度のモノは、成型出来るが、成型温度に因って

かなり異なったモノになり、立成化学工業所では要注意に目を光らしています。

ウレタンゴムの成型の場合、一般的に低温(〇〇℃)で成型すると高硬度に

成り、高温(〇〇〇℃以上)でウレタン成型すると低硬度になる。

又、攪拌前の樹脂(ウレタン)の温度が低いと低硬度になり、

その反対は高硬度になる。

これは、例えばウレタン硬度が90度狙いの場合、高硬度の場合は

95度位になり。低硬度なら85度位になるという意味です。

原料の温度も〇〇℃が適当と思われます。

成型温度って言うのは、熱盤の温度でも無く、加硫炉の温度でも無く

金型の温度です。それ故に、当社では金型にしっかり熱盤の温度が

伝わるように熱盤の上は綺麗にしています。


関連のありそうな記事 ぜひこちらもご覧ください!

  • ウレタンローラー④2013年2月1日 ウレタンローラー④ ウレタンローラーのウレタンゴムライニングまでは終了しました。 ここからは、ウレタン研削・研磨 […]
  • ウレタンゴムの製造方法2012年12月19日 ウレタンゴムの製造方法 ウレタンの製造方法には3つあります。 ①ミラブルタイプ(普通の合成ゴムの加工方法)  ウレタン […]
  • イオン化傾向について2012年12月22日 イオン化傾向について 当社は、ウレタンゴムの加工をしていますが、そのお仕事の8割はウレタンゴムライニング なのです […]
  • 圧縮永久歪2012年12月10日 圧縮永久歪 当社でもお問い合わせで、「圧縮永久歪が良いウレタンゴムを・・・」 ってお電話頂きます。 […]
  • 1個から承ります。2012年10月12日 1個から承ります。   これは、個人のお客様から ご注文ですぅ(^-^)/ 車のエンジンマウントを […]

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文
 


ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ・お見積もりはお気軽に!
ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ

ウレタンゴム加工110番特急便

最新のコメント