ウレタンゴム加工.com

新着情報&ブログblog

2012.12.14ウレタンゴムの成型温度と攪拌前のウレタン樹脂の温度について

成型温度は、手のひらサイズのウレタンゴム加工の立成化学工業所では

〇〇℃±5℃に設定していて管理しています。

特にウレタンゴムの低温度のモノは、成型出来るが、成型温度に因って

かなり異なったモノになり、立成化学工業所では要注意に目を光らしています。

ウレタンゴムの成型の場合、一般的に低温(〇〇℃)で成型すると高硬度に

成り、高温(〇〇〇℃以上)でウレタンゴム成型すると低硬度になる。

又、攪拌前の樹脂(ウレタン)の温度が低いと低硬度になり、

その反対は高硬度になる。

これは、例えばウレタンゴム硬度が90度狙いの場合、高硬度の場合は

95度位になり。低硬度なら85度位になるという意味です。

原料の温度も〇〇℃が適当と思われます。

成型温度って言うのは、熱盤の温度でも無く、加硫炉の温度でも無く

金型の温度です。それ故に、当社では金型にしっかり熱盤の温度が

伝わるように熱盤の上は綺麗にしています。

関連のありそうな記事

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文

最新のコメント

ウレタンゴム加工のことなら何でも!
お問い合わせ・お見積もりはお気軽にどうぞ!

受付9時〜18時(休み:土日祝)078-927-5112  078-927-5114
© 2021 株式会社立成化学工業所
TOPへ