ウレタンゴム加工.com

新着情報&ブログblog

2021.08.30ウレタンゴムは何故!?経日変化で黒褐色になるの。

当社立成化学工業所は
ウレタンゴム加工販売を52年行って
きましたので

注型ウレタンゴム加工に関しては
他社に負けない、経験や知識があると
考えています。


ウレタンゴム加工で見積もりをご依頼される時は
3社に相見積もりを取ってくださいませ。


ただし、その一つに
創業52年ウレタンゴム一筋の立成化学工業所
を加えて下さいませ。

 

少しだけ
内輪での話しを

 

先週の金曜日
ウチの営業部長のYさんが
私に質問されてきました

 

「社長!
  お客様からなんでウレタンゴム製品
  って
  経日変化して色が淡黄色から
 茶褐色になるん?

 お客様から聞かれて
  困ってんねん。。。」

 

っと。

 




続けざまにY部長は

「俺は、お客様に
 ウレタンゴムは何故経日変化で
  淡黄色から茶褐色になるかと
  聞かれたら

  ウレタンゴムとはそういうモノだ!
    っと答えてるんだけどな」

 

っと私に言ってくださいました

 

 

 

確かに
たんなるゴムの加工屋さんでは
それでイイかもしれません。

 

しかし
当社!
株式会社立成化学工業所は
ウレタンゴムの注型屋です

 

また
会社の理念が



本物のウレタンを追究する!

 

というものにしてるので
お客様への

その回答は
ダメですね笑

 

そこで
液状注型ウレタンゴムお仕事に
既に四半世紀以上
関わっている私が
正解を言いました

 

 

液状注型ウレタンゴムの
成型方法は

 

液状注型ウレタンゴムの原材料
+
硬化剤

を攪拌して


其れを
一定の温度に加温している
金型(熱盤の上にある)の
上に
流し込む



いうモノです

 

液状注型ウレタンゴムに
とって

原材料(NCO~CNO)

硬化剤(MOCA)

勿論

どちらも大切なのです



ウレタンゴム製品が
経日変化で黒褐色になる
原因は

主に硬化剤(MOCA)の方に
あります

 

MOCAという硬化剤
の正式名称は


メチレンビスオルソクロロアニリン

メチレン=CH₂
ビス=二つ
オルソ=ベンゼン核(亀の甲)にある位置の事
クロロ=CL(塩素)
アニリン=NH₂

 

こういう風に言うのです

 

この中で
特にウレタンゴム製品を
淡黄色から黒褐色に経日変
させる分子が

NH₂=アニリン

 

なのです。

 

このアニリン=NH₂が
空気中の酸素と反応して
経日変化で

淡黄色から黒褐色に
なるのです。


このアニリン=NH₂



色染めなどに使用する
染粉などにも入ってる成分です

 

よって
どんどん経日変化で


ウレタンゴムの製品の色




淡黄色から黒褐色に変化していくのです


この事を分かっていて

「ウレタンゴムとはそういうモノなんです!」

っというのは良いんですけどね笑

 

 

本日もお読みいただき
誠に有難うございました

 

又のご来訪をお待ちしています。

 

 

関連のありそうな記事

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文

最新のコメント

ウレタンゴム加工のことなら何でも!
お問い合わせ・お見積もりはお気軽にどうぞ!

受付9時〜18時(休み:土日祝)078-927-5112  078-927-5114
© 2021 株式会社立成化学工業所
TOPへ