ウレタンゴム加工会社 2代目社長の挑戦ブログ

記事一覧

一昨年の夏!!当社に見積もりのご依頼をしに来て

下さった方が不覚にも当社に来られる寸前で

お亡くなりに成られました。ご愁傷様です。

その方の為に私たちはウレタンゴムでお墓を製作致しました

こちらのウレタンゴムの中でお客様は永遠に生き続けます。

合掌!!

有りし日のお姿。

お葬式のご様子

永遠(とわ)にお墓に入られました。


当社のM崎さんはとても頭が柔らかく素晴らしい職人です。

ウチの液状ウレタンゴム注型加工の場合、品物を製作する場合

ウレタンゴム加工品の重量とウレタンゴム注型をする原料の計量が

イコールの場合は殆どなく、大抵が計量したウレタンゴム注型の

原料の方が重く成ります。

説明すると、手のひらサイズの液状ウレタンゴム注型加工の場合

1ショット(回)1ショット(回)PP(ポリプロピレン)のビーカーに

所定のウレタンゴムの原材料を計量します。

注型する品物の金型が16×1面で1個のg数が10gの場合

10g×16×1.3=208gなのですが、比重1の水を流すわけでは無く

粘度の高い液状ウレタンゴムを注型するので全て使い切って

注型する事は不可能です。少し、PPの容器にウレタンゴムが

残ってしまいます。故に250g位のウレタンゴムの原材料を

計量いたします。

故に、少しづつですがウレタンゴムの材料の方が

余ります。その余ったウレタンゴムの材料で面白いモノを

作ってくれる職人のM崎さん。本当に愉快な素晴らしい職人

さんです。これからも色んなウレタンゴム商品を作って

下さいね。

黒白のオセロを作ってみました。

会社の展示場にも飾ってみました。

 


当社は、ウレタン加工を生業にしております。

注型ウレタン加工というのは、液状のウレタン注型加工なので

専用金型が必要でない時もあります。

下の写真の爪ウレタンゴムライニングも汎用の金型を利用して

ある程度の形に仕上げ、そこからウレタンゴム切削加工を行います。

本当に爪の先に3㎜のウレタンゴムをストレートにライニングする時

等は、当社の注型ウレタンゴム加工のエキスパート達が

創意工夫して(汎用)金型仕上げで仕上げます。後加工は行いません。

それでも幅公差や高さ公差±0.3位で仕上げる事も可能です(形状に拠りますが・・)。

緩衝材として、少しだけウレタンゴムを金具の先に付けたいお客様は

是非、当社に一度お声掛け下さいませ。

お待ちしております。

東京 03-8681-7659 です。

有難うございます。このブログを読んで頂いて感謝しております。

 

 


当社は、ウレタンゴム加工を生業にしています。

そうなんです。液状注型ウレタンゴム成型です。

液状だから、何にでも流してしまいます

隙間あれば、空間が有れば液状ウレタンゴムは

どこまでも入っていきます。

ウレタンゴム業界は隙間(ニッチ)産業と言われるのは

それが所以かもしれませんね。

自社でウレタンゴムを使用するのは、ブラスト用の冶具などが

代表的ですが、プラスチックハンマーのプラスチックの部分

をウレタンゴムに代替えしたりして使用したりもします。

ウレタンゴムの一番の強み、耐摩耗性を生かして

そのウレタンゴムハンマーはなかなか強度が高く、

壊れる事が有りません。是非、一度皆様にも使用して

欲しいです。で、今回は撹拌の時に必要な軸の軸立ても

ウレタンゴムで製作してみました。とても鮮やかで綺麗な

軸立てが出来ました。社員さん有難うございます。

これからも色んなモノをウレタンゴムで創ってみたいと

思います。是非、ご要望下さいませ。


本日は、チョイと当社の社員さんの自慢動画を

お送りしたいと思います。

年末も押し迫って来ましたので、そろそろお片付けを

と思い、11月末位に産業廃棄物処理の業者様に電話を

して本日取りに来て頂きました。

で、当然お金をお支払いしてるので、私とその業者様の

担当の人だけで良かったのですが、

何も言わずとも、当社ウレタンゴム加工の立成化学工業所の

男性社員さんは全員手伝ってくれました。

会社の仕事を自分事のように捉えてくれる社員さんに感謝です。

有難うございます。

https://youtu.be/qeU32QhznUQ


先日の注型ウレタンゴム加工の注型加工体験を

2倍速でお送りしています。

ウレタンゴムは色んな色が出来て本当に楽しい材料です。

もちろん、液状なので色んな複雑な色も出来ますよ。

是非是非、液状ウレタンゴム加工体験に当社を訪れて

下さいませ。

神戸本社

〒651-2145 兵庫県神戸市西区玉津町居住244の2

電話番号  078-927-5112

東京支社  

〒103-0026  東京都中央区日本橋兜町5- 1兜町平和ビル3階

因みに、東京支社では3Dプリンターがございますので、色んな形状の

モノを作って頂けます。どうぞ、遊びに来てくださいます。

https://youtu.be/uQIQ8tJpBSM

 


当社に良く来て頂いてる方が、今回は実際に工場(こうば)で

注型ウレタンゴム加工の体験をして頂きました。

見るのと実際するのは大違いで、やはりこの技術は難しいんですね

っというご感想を頂き、体験者の方にも社員さんにも

お互い新たな気づきが有りました。

これからも、色んな注型ウレタンゴム加工体験をして頂こうと

思っております。定期的に月の第一週に行って行きたいと

思っております。

ご興味のある方は、是非ご連絡くださいませ!!

株式会社立成化学工業所 078-927-5112

https://youtu.be/lwSYe3ORLHI

 


当社は、液状注型ウレタンゴム加工を生業にしております。

それに特化して約50年。

色んなウレタンゴムを注型してきました。

以前は、あまりお客様が工場(こうば)訪問される事は無かったのですが

この頃は結構な頻度で、お客様が工場(こうじょう)見学されます。

最初の頃は、私自身が注型ウレタンゴム加工の現場を説明してたの

です。それがその内に工場長になり課長に成り主任になり

社員さんになりして来ました。

その経過で、社員さんの注型ウレタンゴム加工の説明が本当に

上手に成ってきて、聴いている私も感心するぐらいの説明に

成ってきました。これは、本当に一見(聴)の価値ありだと

思われます。その一部を少し動画で撮りましたので

観て聴いて下さいませ。宜しくお願い致します。

 

https://youtu.be/N7zo2R7vPi4

 




ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ・お見積もりはお気軽に!
ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ

ウレタンゴム加工110番特急便

最新のコメント