ウレタンゴム加工会社 2代目社長の挑戦ブログ

2014年02月20日
エステル系の耐水性

ウレタンゴムの従来のエステル系と言えば、アジピン酸エステル系が有ります。

このエステル結合は、(COOH-(CH₂)₄-COOH)です。

現在は、そのアジピン酸エステルより耐水性が改善されたエステル系が

上市されています。

そのエステル結合はカプロラクトンエステル結合です。

この結合は、(-OC-(CH₂)₅-0-)です。

特に使用する場所の湿潤状態が酷くなければ、カプロラクトンエステルでも

充分問題なしで有ります。

又、一般に、-(CH₂)₂-、-(CH₂)₃-、のようにC(炭素)が3つ以下のものは親水性で

有り、-(CH₂)₄-、-(CH₂)₅-、のようにC(炭素)が4つ以上のモノは疎水性で有る。

疎水性とは・・・水に溶解しにくく、水と混ざりにくい性質である。

親水性とは・・・水に溶解しやすく、水と結びつきやすい背質である。

故に、ウレタンエーテル系は親水性で、ウレタンエステル系は疎水性と言えるでしょう。

エステル系の耐水性 - ウレタンゴム加工


関連のありそうな記事 ぜひこちらもご覧ください!

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文
 


ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ・お見積もりはお気軽に!
ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ

ウレタンゴム加工110番特急便

最新のコメント