ウレタンゴム加工会社 2代目社長の挑戦ブログ

2015年03月27日
計量をあなどらない。

当社は、ウレタンゴム加工業ですが主な仕事はウレタンゴム注型。

そうです、金型にウレタンゴムを流し込む事を生業にしております。

下の写真のこのカップに一斗缶のウレタンゴム原材料を計量する事から朝は

スタートします。大きいウレタンゴムローラーを製作している同業社様は

ウレタンゴム注型機というモノを利用して、所要のウレタンゴム原材料を計量するのですが

当社は、手のひらサイズのウレタンゴム加工業なので直接、一斗缶からウレタンゴム原材料

を計量します。その際に、何気なくウレタンゴム原材料を計る事は有りません。

そんな事するのは、ど素人がする事で、私達、プロのウレタンゴム注型士はその時に

全神経を集中させます。前にも書きましたが、未だ、寒い気温が低いこの時期

は、まずカップを温めます。それは、ホットコーヒーを飲む時にカップを温めるのと

良く似た感じで、ウレタンゴムの原材料がエアーなく、するするっとカップに流れ計量し

易くするのと、その後行われる脱泡作業がスムーズに行われる様にという気遣いからです。

実は、私は、3日前どうしても朝早く注型作業に取り掛かりたかったのです。

その際、ウレタンゴム原材料を250g×8個計量したかったので、全神経を集中さすと8個中7個が

ぴったり250gで後1個も240gでした。計量に掛かった時間は約3分。

他の事を考えながらこの作業をすると下手すると10分以上掛かる事が有ります。

私達は、このウレタンゴム加工業でご飯を食べてるので、これからも簡単に思える

このウレタンゴム原材料の計量作業にも全神経を集中させて取り組むことを誓います。

そんな当社の誇るべきプロのウレタンゴム注型士に沢山のお仕事を下さい(笑)

宜しくお願い致します(^_^;)

計量をあなどらない。 - ウレタンゴム加工

 

 

 

 


関連のありそうな記事 ぜひこちらもご覧ください!

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文
 


ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ・お見積もりはお気軽に!
ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ

ウレタンゴム加工110番特急便

最新のコメント