ウレタンゴム加工会社 2代目社長の挑戦ブログ

2016年12月26日
原材料のNCO(イソシアネート)を一定に保つ為
ウレタンゴム原材料のNCOを一定に保つ。
 
ウレタン結合とは原材料のNCO(イソシアネート)と硬化剤のNH2(アミン)が反応して起こります。
 
故に、配合するにはアミン当量というのが重要になります。
 
ウレタン原材料は基本一斗缶で入荷され、加温して溶融させます。
 
加温したり(熱履歴が重なる)、空気に触れる事(酸化する)に拠り原材料のNCO(イソシアネート)量が減り
 
最初の頃の(一斗缶を開けたて)NCO(イソシアネート)とは違ってくるので、
 
NH2(アミン)が減って来てアミン当量の数値が正確では無く成って来て成分が一定に保てません。
 
その故、原材料を小分けにする事に拠り一定のNCOを保とうとしています
 
熱履歴と酸化を出来るだけ抑えるのが狙いです。
 
立成化学工業所は人にも優しい、ウレタン原材料にも優しい会社と言えます(笑)
 
有難う、有難う、有難うございます。
 
ウレタン原材料は基本一斗缶で入荷
原材料のNCO(イソシアネート)を一定に保つ為 - ウレタンゴム加工
 
小分けにしてる缶
原材料のNCO(イソシアネート)を一定に保つ為 - ウレタンゴム加工
 
NH₂(アミン)当量を正確に計量
原材料のNCO(イソシアネート)を一定に保つ為 - ウレタンゴム加工
 

関連のありそうな記事 ぜひこちらもご覧ください!

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文
 


ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ・お見積もりはお気軽に!
ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ

ウレタンゴム加工110番特急便

最新のコメント