ウレタンゴム加工.com

新着情報&ブログblog

2017.04.22ウレタンゴムの硬度が正確に出ているかの確認。

当社は、ウレタンゴム加工業を生業にしております。

そぉなんです。ウレタンゴムを切ったり張ったりしてるっと言えるかも

しれません。実際は、あんまり切ったり張ったりはしませんけどね。。。

ウレタンゴムを注型したり、ライニングしたりっと言うのが正確かも

しれませんね。

ウレタンゴムとは、弾性体なので、硬さが有ります

どれくらい硬いのか?どれくらい柔らかいのか?それによって使って頂ける

場所や方法が有ります。今までの経験上、そこに使われるんでしたら硬度90度

ですね。硬度45度ですね!!ってアドバイスはさせて頂きます。

ウレタンゴムは原材料と硬化剤を攪拌して、熱硬化させることによってウレタンゴム

加工品になります。その所定の比率に拠ってウレタンゴムの硬度が決定されます。

その所定の比率は当社秘で、どれだけの比率で撹拌したらこの硬度になるのは

分っています。で、その通りにしても、3/1,000位の割合で作業者が間違えること

が有ります。その3/1,000の失敗でも、お客様の所に流失しないように会社で

対策しています。それは、注型のショット毎にテストピースを取って、

次の日(二次加硫後)にチェックします。

それをする事に拠って、ウレタンゴムの硬度不良品は流失しないようにしています。

実は、昔はそんなチェックも無かったようです。

怖いですよね。

 

測り方はこんな感じです。あまり力れないように硬度計の針を加工物に

押し付けます。

これで、お客様のご指定頂いた硬度のウレタンゴム加工品を出荷出来ます。

色々な工夫を施している立成化学工業所でした。

有難う、有難う、有難うございました。

関連のありそうな記事

  • 愛知県のお客様を2社さん訪問‼2012年9月3日 愛知県のお客様を2社さん訪問‼ 今日は、取っ掛かりはネットのお客様に実際訪問して来ました。 2社さんともに、対応して頂いた方がとて […]
  • 人もモノも大切にする立成化学2018年7月25日 人もモノも大切にする立成化学 本日、またまた内の会社の兵器が増強されました。 今の内の会社のウリ(強み)は注型ウレタンゴムなのに […]
  • 注型ウレタンゴムの極意2015年12月14日 注型ウレタンゴムの極意 当社は、手のひらサイズのウレタンゴム加工です。 写真の通りの製品のウレタンゴムライニング(ウレタン […]
  • 椅子の脚にウレタンゴムキャップ2015年12月8日 椅子の脚にウレタンゴムキャップ 皆さん、ご家庭で職場で椅子の脚で床やフローリングを傷つけた事は 無いでしょうか?又、マンションで2 […]
  • ウレタンゴムパッキン2013年9月19日 ウレタンゴムパッキン ウレタンゴムパッキンです。 マスター型(サンプル)が有り、 それを基にしてウレタンゴム型を 作製し […]

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文

ウレタンゴム加工のことなら何でも!
お問い合わせ・お見積もりはお気軽にどうぞ!

受付9時〜18時(休み:土日祝)078-927-5112  078-927-5114
© 2022 株式会社立成化学工業所
TOPへ