ウレタンゴム加工.com

新着情報&ブログblog

2017.09.21ウレタンゴムと金具(鉄芯)の接着方法

当社立成化学工業所は
注型ウレタンゴム加工を生業にして
50年が経過しました。

 

ただ愚直に注型ウレタンゴム加工だけに特化して
商売を50年行ってきましたので

 

注型ウレタンゴム加工に関しては
他社に負けない、経験や知識があると
考えています。

 

今回はウレタンゴムとアルミの結合(くっつける)方法
についてお話しさせて頂きます。

 

このウレタンゴム加工.COMのホームページからの
お問合せで実際のお客様とのやり取りが
ございました。

 

その一部を文章として残しておきますね。

 

アルミとウレタンゴムを結合(くっつける方法)
は下記の3つの方法が有ります

 

  1. 接着 ウレタンゴムとアルミの間に接着剤を塗布して
       くっつける方法
  2. 溶着 ウレタンゴムの表面を少し溶かしてアルミとくっつける方法
       この場合も接着剤は当社で今まで一番実績の有るモノを利用しています。
  3. 焼付 ウレタンゴム焼き付け(ウレタンゴムライニング)方法といいます

       この結合(くっつける)方法が一番強力です。

                       アルミを汎用的な金型にセットして
                       アルミと金型の間の隙間に注型ウレタンゴム(液状)を
        流し込み熱硬化

       アルミと接着剤(ウレタンゴムライニング専用)
           接着剤とウレタンゴムの2層の接地面が生まれる

                      それにより接着強度がより一層強化
      ウレタンゴムがアルミの金具から剥がれにくくなります。

 

一つ付け加えさせて頂きますと、
アルミとウレタンゴムを結合(くっつける)させる場合。

 

 

まず初めにアルミを脱脂して、
ショットブラストを施す事は必須条件です。


それは何故かと言いますと


基本的にはアルミというのは酸化(錆び)易いので
油まみれでアルミは送られてきます

 

しかし、油まみれのままでは
ショットブラストも接着剤処理
も出来ませんので

 

しっかり脱脂を行います。

恐らく
アルミの金具が油まみれの
ままショットブラストしても
ブラストの球がハジカレテ
しまいます。


その後

 

  • ショットブラスト
  • 接着剤処理

 

を行います。

 

 

ウレタンゴムライニングされた
製品でウレタンゴムが剥がれる事が無い様に
色んな創意工夫を施しています

 

 

 

上記の写真を見て頂くと
お分かりだと思いますが


ショットブラストした
金具の表面は
曇ったグレーになりますね。

それが
しっかりショットブラストが
当たってる証拠だとも言えます

 

本日もお読みいただき
誠にありがとうございました。

 

関連のありそうな記事

2件コメントがあります

  1. 藤田 義典 より:

    お世話になります。
    日本製鉄様向けの走行装置に使用されています、材質鉄(S35C)両鍔外径Φ230
    車輪踏み面 Φ160±0.1 車輪溝幅:46mm ウレタンゴムを
    車輪の底部 外径:Φ200±0.1 ゴムを接着加工
    車輪は弊社で外注にて製作後御社にご支給といたします。
    それで、ウレタンゴム加工費の見積もりのお願いです。
    数量は4個です。
    弊社の会社名:菅波物産大分株式会社
    藤田と申します。

    連絡先:097-551-1118
    FAX :097-551-1117
    以上となります。
    宜しくお願いいたします。
    図面は御社にFAXにてご案内いたします。

  2. 畠中 浩 より:

    菅波物産大分株式会社
    藤田様

    コメント有難うございます。

    FAX確かに受領致しました。

    対応させて頂きますね
    宜しくお願い致します。

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文

最新のコメント

ウレタンゴム加工のことなら何でも!
お問い合わせ・お見積もりはお気軽にどうぞ!

受付9時〜18時(休み:土日祝)078-927-5112  078-927-5114
© 2021 株式会社立成化学工業所
TOPへ