ウレタンゴム加工会社 2代目社長の挑戦ブログ

2017年11月20日
ウレ王への第一歩!!

このHPの読者の皆様は製造業の方が多いので

おそらく、あのドラマ「陸王」を観ておられると思います。

その中で、新しい「陸王」のソール作りで一番大切なのは

温度管理。

「陸王」に使われてるソール=シルクレイの硬度(硬さ)が

一番問題成っていました。

あの軽い「陸王」にぴったりのシルクレイの硬度は

60度~65度。

その硬度を出すには、成型する温度が一番大切だと!!

寺尾聡さん演じる「こはぜや」の顧問も仰っていました。

私たち、立成化学工業所が製作するウレタンゴムも

硬度が決定するのは原材料の温度も関係ありますが

一番は、熱盤(金型)の温度が正確に出てるかで

決まる。

その為に、熱盤(金型)の温度は四六時中気にして

正確に測定しております。

故に、ウレタンゴム硬度の高めなら90度±2度位には

入れれる自信が有ります。JIS的には、ゴムの硬度の公差は

±5度と言われてますが。

この硬度のウレタンゴムを製作してくださいの要望には

お応え出来ると思いますので安心してご発注くださいませ。

有難うございます。

 

 

 

 


関連のありそうな記事 ぜひこちらもご覧ください!

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文
 


ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ・お見積もりはお気軽に!
ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ

ウレタンゴム加工110番特急便

最新のコメント