ウレタンゴム加工会社 2代目社長の挑戦ブログ

2018年05月31日
先ず挑戦してみるウレタン加工業者!!

来週の金曜日 6/8(金)に 当社 立成化学工業所は

神戸ものづくり中小企業展示商談会に出展します。

そこで、今年は何をしようか?っと考えましたが。

そうだ!液状ウレタンゴムの注型仕事を実際、お客様に体験して

頂こうと思い。企画してみました。

そうなんです。。。実現するためには実は色んなハードルが

有る事に気付きました。

使用するモノは ①撹拌機(写真1) ②脱泡機 

③ウレタンゴムの原材料(写真2) ④硬化剤(写真3)

⑤金型 ⑥ホットプレート ⑦軍手

⑧エプロン ⑨保護メガネ ⑩ゴムマットシート

上記のモノは殆ど社内に有り、②脱泡機 だけは新たに購入

という形に成りますが、想定内の事です。

問題は、予知される危険についてでした。

①火傷 ②ホール様の床への付着 ③目の痒み・咳など。

最初は、③の事等は余り想定してなかったのですが

ウレタンゴムの原料は危険物第Ⅳ類に入るので

取り扱いに非常に神経を遣います。

私どもの工場にて行う作業の場合は、作業者に徹底できますし

工場見学に来られる方にも注意喚起は出来るのですが、

不特定多数のお客様相手の場合は、責任が取れる範疇が曖昧に

成ってしまう恐れが有るという事で、

今回のウレタンゴム注型体験企画は中止に成りました。

最初は、使用させてもらうホールの方の許可が下りればと

思っていたのでしたが、やはりウレタンゴムは危険物という事で

消防署に一緒に出向いて話しを聴く機会を設けて貰いました。

非常に納得できる説明をして頂き有難かったです。

原材料が危険物第Ⅳ類ですが、ウレタンゴムの原材料と

硬化剤が化学反応を起こし、ウレタンゴムの製品。

化学化合物に成れば危険では有りませんので(食べたりは出来ません)

安心して製品や商品のお問い合わせを下さいませ。

これも、まずやってみると決めた事に拠って、色々分かった事です

まず、挑戦してみる!この姿勢は崩さず会社経営に

邁進したいです。

注記:危険物の事など表記や表現が間違っているかもしれません。

   ご了承下さいませ。

 

写真1

写真2

写真3

 


関連のありそうな記事 ぜひこちらもご覧ください!

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文
 


ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ・お見積もりはお気軽に!
ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ

ウレタンゴム加工110番特急便

最新のコメント