ウレタンゴム加工.com

新着情報&ブログblog

2020.11.05ウレタンゴム硬度は一番大切なファクター!当社は履歴を取っております。

当社立成化学工業所は
ウレタンゴム加工販売を51年行って
きましたので

注型ウレタンゴム加工に関しては
他社に負けない、経験や知識があると
考えています。


ウレタンゴム加工で見積もりをご依頼される時は
3社に相見積もりを取ってくださいませ。

ただし、その一つに
創業51年ウレタンゴム一筋の立成化学工業所
を加えて下さいませ。

 

月曜日から
11月度が始まりましたね。

後残す所
2ヵ月になりました。


さて、私ども立成化学工業所では
2ヵ月に一度必ず行うお仕事が
あります。

 

それは、テストピースを
捨てる作業です。


どういう事かと申しますと


当社はお客様から頂いたお仕事に
対して
そのご指定して頂いた
ウレタンゴム硬度が正しいかどうか
をご確認頂ける様に

 

ウレタンゴム加工品を注型(金型に注ぐ)
する際に必ずテストピースと
いうなるモノを製作しております

 

 

それがコチラです

 

 

 

プラスチックケースの
上の3号袋の中に入ってる
□(7㎜×7㎜×3t)のモノです。

 


コレは
熱盤の上に置かれた
ウレタンゴム注型品の金型の
横に置き

 

加工品の金型に
ウレタンゴムを注型する時と
同じくテストピースの金型も
注型するのです

 

 

コレがテストピースの金型ですね


 

コレテストピースです。

 

 

 

コレが液状ウレタンゴムを
注型している場面です。

 

 

そんなテストピースを
1年間は当社立成化学工業所では
保管しております

 

 

 

この様に1年間
プラスチックケースで
保管しております

 

この様に2ヵ月まとめて
テストピースを保管していますので
6ケース置いています

 

 

12か月経過しますと
テストピースのお役御免の
儀式を行います

 

 

 

ハイ!この様に
産業廃棄物のゴミ箱に
破棄致します



コレは
令和元年11月度・12月度
のプラスチックケースですね

あっ、そう言えば
よくよく考えますと

保管期間は10か月かな(笑)
すいません。。。

 

又、新たな
令和2年11月度・12月度
のプラスチックケースに
テストピースを投入致します。

 

 

 

 

この様に
10か月~1年程は
テストピースを保管しております
ので。。。


あの時頼んだウレタンゴム硬度
間違いなかったやろうねぇ!?

といご質問に現物を持って
お答え出来ます。

 

 

 

勿論、
ノートやパソコンにもデータは
残しておりますので
ご安心下さいませ。

 

 

 

本日もコチラのホームページ
並びに
ブログにお越し下さり
誠にありがとうございました。

 

 

今後とも何卒宜しくお願い致します。

 

 

 

 

関連のありそうな記事

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文

最新のコメント

ウレタンゴム加工のことなら何でも!
お問い合わせ・お見積もりはお気軽にどうぞ!

受付9時〜18時(休み:土日祝)078-927-5112  078-927-5114
© 2020 株式会社立成化学工業所
TOPへ