ウレタンゴム加工.com

新着情報&ブログblog

2012.12.10圧縮永久歪

当社ウレタンゴム加工の立成化学
はお問い合わせで、

「圧縮永久歪が良い
ウレタンゴムを・・・」

ってお電話をよく頂きます。


そうです!!


ゴム(ウレタンゴムに限らず)の場合、
緩衝材として使うのが多いからですね。


緩衝作用に活用するゴムの用途においては、
この圧縮力を受ける場合がかなり多いのでは
無いかと想像されます。


ゴム(ウレタンゴムに限らず)の圧縮特性を
知るためには、圧縮試験によって
Stress-Strainカーブを描かせるのが望ましいです。

圧縮特性の中での、圧縮永久歪は実際の場面
では特に重要視されます。

試験方法は、荷重を載せて
指定の圧縮率に圧縮した状態で、指定時間保持した後

荷重を除き指定時間放置した後、
減少した厚さの圧縮変形量に対する%で示します。




この写真のパッキンは
文章となんら関係はございません。


圧縮永久歪がなぜ
要るのかを少し考えますと


ゴムというのは基本的(当たり前ですが)
に弾性体!


伸びたモノが伸び切ったまま
ではなく又、元に戻ろうと
する力が働くんですよね。

 

それを利用して
色んな場面・場所でゴム(ウレタンゴムに限らず)
は活躍するんですよね。

 

それが
ゴムの特性

 

樹脂や金属は
一度伸びたモノは戻ってこない
モノですもんね。

 

話しはズレますが
ゴムというのは人間関係にも
似てる様な気がします

 

一度離れても元に戻る事
が有る!!

 

そう言った観点から考えますと

 

 

ゴムは深い!!

 

 

です。

 

 

本日もお読みいただき誠に
ありがとうございました。

 

 

 

関連のありそうな記事

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文

最新のコメント

ウレタンゴム加工のことなら何でも!
お問い合わせ・お見積もりはお気軽にどうぞ!

受付9時〜18時(休み:土日祝)078-927-5112  078-927-5114
© 2021 株式会社立成化学工業所
TOPへ