ウレタンゴム加工.com

新着情報&ブログblog

2023.02.03コレもウレタンゴムローラーなんですか!?

本日もコチラのブログにお越しいただき誠にありがとうございます。
今日のお題はウレタンゴムローラーについてです。ウレタンゴムローラーも当社
では2種類ございます。その2種類のウレタンゴムローラーについてお話しして
行きますね。



ウレタンゴムローラー(黒色)

コチラのウレタンゴムローラーは実は厳密に言うとゴムローラーでは無いかも
しれません。何故なら、世間一般的に言われていますウレタンゴムローラーに
ございます芯金が付いていないからです。




コレはウレタンゴム業界、いやゴム業界ではウレタンゴムパッキンと呼ばれるモノ
かもしれませんね。ただ、私共ウレタンゴム加工の立成化学工業所ではこのパッキン
に見えるウレタンゴム加工品も共通言語としてウレタンゴムローラーと呼んでいます。

何故なんだろうか?と四半世紀前にこの会社に入社した時に考えていました。しかし、
エンドユーザーさんが使用する方法をお聴きすると納得致しました。




もう25年前ですし、今現在はエンドユーザー様がこのゴムローラーをその様な使い
方をしているかどうかは定かではありません。しかし、25年前にお聴きした使い方は
主にこのウレタンゴムローラー(パッキン)を樹脂に嵌め込んでご使用になられると。。。


その様な使い方をされますので、ウレタンゴムローラーという名称で呼んでも問題ない
と思われます。そうなのです。このウレタンゴムローラーを樹脂にはめ込んで、何か(
恐らく紙幣や硬貨)を送るのですから間違いなくウレタンゴムローラーですね。

 

 

ウレタンゴムローラー(自然色)

この場合は、ウレタンゴム業界いやゴム業界でもウレタンゴムローラーと呼ぶのでは
ないでしょうか。何故なら、シャフトがありその鉄芯にウレタンゴムをライニングし
ウレタンゴムローラーとしての機能を果たしてるんですから。




又、この写真のウレタンゴムローラーは本当に我が社のキャッチフレーズの手のひら
サイズのウレタンゴム加工を施しています。外径の大きさ(W)といい、ウレタンゴム部
の働きの長さ(L)といい本当の意味での手のひらサイズですね。


こういったお仕事が得意なのですが、残念ながら頻度はそんなに高くはありません。
この製品群だけでお仕事を続けて行けれたら万々歳です。しかし、世の中はそんなに
甘くなく色んなお仕事をやらせて頂いております。お仕事を頂けるだけ本当に有難い
事です。

 

 

今回は、当社なりのウレタンゴムローラー2種を紹介させて頂きました。一般的な
ウレタンゴム屋さんが主に取り組んでおられるウレタンゴムローラーはもっと幅(W)も
大きく、長さ(L)も長いウレタンゴムローラーです。その様なモノを取り組んでおられる
ウレタンゴム屋さんが殆どで我が社の手のひらサイズのウレタンゴムローラーは異質だ
と言えます。



そんなちょっと変わったウレタンゴム屋であります株式会社立成化学工業所をコレからも
何卒宜しくお願い致します。ブログをお読みいただき誠にありがとうございました。

 

又、お会いできるのを楽しみにしております。

 

関連のありそうな記事

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文

最新のコメント

ウレタンゴム加工のことなら何でも!
お問い合わせ・お見積もりはお気軽にどうぞ!

受付9時〜18時(休み:土日祝)078-927-5112  078-927-5114
© 2024 株式会社立成化学工業所
TOPへ