ウレタンゴム加工.com

新着情報&ブログblog

2020.01.23ウレタンゴムライニングって何!?それをお答えします。

本日、2020年1月23日。

久しぶりに、お見積りのご依頼をメールで頂いた方に
返信をさせて頂きました。

 

ここ3年位、お客様のお問合せにも
営業部長に任せており

 

私自身がお見積りをさせて頂く機会が
めっきり少なく成って来ました。

 

本日のお問合せは
ウレタンゴムライニングについて。。。

 

このお問合せが一番多い当社では
答えをもうスラスラ言えるくらい研鑽を
積んでおります

 

 

 

今回のお見積りのご依頼は

金具にウレタンゴムを付ける!!

 

このフレーズ少し難しい。。。

 

 

  • ウレタンゴムを接着する
  • ウレタンゴムを溶着する
  • ウレタンゴムを焼き付けする

 

 

この3つに分かれるんですよ。

 

 

 

金具にウレタンゴムを付ける!

 

という加工方法は。

 

 

①ウレタンゴムを接着する

 

この加工方法の場合、接着が点と点と言っても過言では
ないです。

金具にショットブラスト・接着剤処理を施します。
又、別にウレタンゴムに接着剤処理を施します。

 

それを合わせるだけです。

 

よって接着力が非常に弱いのです。

 

 

  • どうしても納期が間に合わない
  • どうしても値段を安くしたい
  • とりあえず付いてたらいい

 

 

というお客さまにはピッタリだと感じます。

 

 

②ウレタンゴムを溶着する

 

この加工方法の主な使い方は

ウレタンゴムローラーの修理などに
使いますね。

 

ローラーに付いている
ウレタンゴムを溶剤で溶かして
その上に接着剤を塗り

 

そこに液状のウレタンゴムを新たに流し込む

 

溶けた状態のウレタンゴムと
液状のウレタンゴムがなじみ
溶着されるのです

 

 

③ウレタンゴムを焼き付けする

 

これが当社のウレタンゴム加工方法

 

  1. 接着力が強力
  2. 仕上がりが綺麗
  3. 長持ちする

 

こういった3つの特徴があります。

 

加工方法は

 

  • 鉄芯(金具)をショットブラスト・接着剤処理をする
  • 金具を金型内にセットする
  • 金具と金型の隙間に液状ウレタンゴムを流し込む

 

 

 

 

このウレタンゴムライニングが何故良いかと
申しますと

 

ショットブラストを掛けた金具の表面には
無数の小さい傷(ワザと)が入っております

 

その傷の溝に液状ウレタンゴムが入り込んで
いきます

 

よって硬化したウレタンゴムは

剥がれない様にロックオンされている状態
なのです。

 

 

金具にウレタンゴムを付ける!

 

という加工を施す場合には

 

 

ウレタンゴムライニング
という製法をお勧めしています

 

その加工方法が得意なのが、

 

 

50年の歴史を誇ります
立成化学工業所なのです

 

 

 

ウレタンゴム加工の立成化学工業所を
今後ともごひいきの程、何卒宜しくお願い致します。

 

 

長文をお読みいただき誠にありがとうございました。

 

 

 

関連のありそうな記事

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文

最新のコメント

ウレタンゴム加工のことなら何でも!
お問い合わせ・お見積もりはお気軽にどうぞ!

受付9時〜18時(休み:土日祝)078-927-5112  078-927-5114
© 2020 株式会社立成化学工業所
TOPへ