ウレタンゴム加工.com

新着情報&ブログblog

2010.04.19ウレタンゴムライニングの前処理について2

当社は現在出荷している製品の8割5分位がウレタンゴムライニングの仕事です。

殆ど芯金(アルミ・鉄・真鍮)にウレタンゴムを焼き付ける仕事です。

芯金にそのままウレタンゴムを流し込んでも(注型)殆ど接着する事はありません。
当然以前にもお話ししましたが接着剤やブラスト処理をしなければ接着しません。

接着処理は以前にもお話ししましたので・・・
今回はブラスト処理についてお話ししたいと思います。

ブラスト処理(ショットとも云う)は芯金の表面に傷をつける(荒らす)と言った方が
非常に分かりやすいと思います。

当然、芯金の表面はツルツルの状態で来ます。
ツルツルと云う事は抵抗が全く無い状態だといえます。
そこで表面を荒らす事によって表面に抵抗をつけ又、表面積が
つるつる状態より荒れた状態のほうが接着面積が増えて
より接着力が増すということになります。

ウレタンゴムのライニングで一番恥ずかしい不良はハガレです。

故にこのブラスト処理を正確に完全に作業を行う事はとても
重要でこの作業を担当している方は歴代本当にきっちり仕事を
していただいている方達ばかりだと感じます。




関連のありそうな記事

  • ウレ王への第一歩!!2017年11月20日 ウレ王への第一歩!! このHPの読者の皆様は製造業の方が多いので おそらく、あのドラマ「陸王」を観ておられると思います。 […]
  • 色んな活動を行っている。2017年7月14日 色んな活動を行っている。 現在、ウレタンゴム加工の立成化学工業所は色んな活動を 行っている。 昨日までの3日間も、パワーポイ […]
  • ポットライフって何!?2020年5月19日 ポットライフって何!? 当社立成化学工業所は 注型ウレタンゴム加工を生業にして 50年が経過しました。 ただ愚直 […]
  • 吸着プレート2014年11月5日 吸着プレート ウレタンゴムライニングです。吸着プレート。 こんなに小さいプレートにかなりの穴が開いています。それ […]
  • 金型の保管の仕方2012年10月15日 金型の保管の仕方 先週の土曜日に掃除をした金型は、 このように保管する事に致しました。 掃除をして、市販のシリカゲル […]

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文

ウレタンゴム加工のことなら何でも!
お問い合わせ・お見積もりはお気軽にどうぞ!

受付9時〜18時(休み:土日祝)078-927-5112  078-927-5114
© 2022 株式会社立成化学工業所
TOPへ