ウレタンゴム加工会社 2代目社長の挑戦ブログ

2019年08月26日
注型ウレタンゴムのお仕事にはなぜ専用の金型が要らないのか?

当社!株式会社立成化学工業所

 

 

注型ウレタンゴムの加工専門会社
です。

 

液状注型ウレタンゴム加工を
50年し続けています。

 

で、液状注型ウレタンゴム加工って
どんなメリット・デメリット

 

 

あるのか?をご紹介していきます。

 

 

 

 

上記の写真は

当社!

立成化学工業所

の職人さんです。

 

 

職人さんの

ウレタンゴム注型の場面を

写しました。

ビーカーの中には

 

液状のウレタンゴムの原材料と

硬化剤を攪拌した

注型ウレタンゴム材料です

 

 

その材料を

汎用の金型に

流し込んでいます。

 

 

 

金型には専用の金型と

汎用の金型があります

 

  1. 専用金型
  2. 汎用金型


    ①専用金型とは


    その品物が成型する為にだけ
    に作られた金型


    普通はコレが主流です。


    例えば、樹脂(プラスチック)の
    携帯電話のケースなどは


    この専用の金型でどんどん
    製作されます


    金型から、成型した樹脂やゴムを
    外す(脱型する)と

    その物のズバリの形が出来てきます


    ②汎用金型


    汎用というくらいなので
    どんなモノを成型する時も


    使用できます。

    しかし、その物ズバリの形は
    出来てきません


    金型から、成型した樹脂やウレタンゴムを
    外し(脱型した)た後に

    研削・研磨加工を行わないと
    イケません。



    メリット
    デメリット


    を考えますと。



    ①専用金型のメリット

    後加工が要らないので、
    ランニングコストが低く抑えられる

    ※まれに、後加工必要な場合

    かなり少ない削りシロで済む
    金型の構造になっているため

    研削・研磨代が低く抑えられる


    ②汎用金型のメリット

    イニシャル費用の金型代が
    殆ど掛からない


    〇の鉄パイプとか
    アルミの板材を曲げて使用する




    上記の写真の
    汎用金型は

    3mmのアルミ板を
    丸めて作っています



    ①専用金型のデメリット


    もちろん、
    イニシャルコストの費用が掛かる


    受注させて頂く
    ウレタンゴムローラーが

    数本単位なら

    費用対効果が合わないです。



    ②汎用金型のデメリット


    確かに、最初のイニシャルコストは
    掛かりません


    しかし、

    受注させて頂く
    ウレタンゴムローラーが

    数100本単位に
    なりますと


    研削・研磨加工費
    が掛かる為に

    ランニングコストの
    費用の負担が

    製品にオンされます。


    よって、

    最終的には、製品単価が
    合わなくなります。




    上記は


    専用金型で注型しています!






    当社は
    その都度、その都度


    どちらが
    お客様にとって
    最適なのか?


    をご提案させて頂きます

 

 

お読みいただき、誠にありがとうございました。

 

 

 


関連のありそうな記事 ぜひこちらもご覧ください!

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文
 


ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ・お見積もりはお気軽に!
ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ

ウレタンゴム加工110番特急便

最新のコメント