ウレタンゴム加工会社 2代目社長の挑戦ブログ

記事一覧

2012年11月21日

現場作業は大変だぁ~・・・

他の人にとってはどうでもええ事を一つ一つ気にしないとイケナイ。

例えば、ウレタンの原料の温度を少し熱めにしたら
金型への流れが速くなりエアーが噛みやすくなる。

硬化剤の温度が高すぎるとウレタンとの反応が早くなり
一部だけ白いモロモロ(そこだけ直ぐ反応する為)に成る。

...金型の上型と下型の温度に差が有ると
綺麗にセット出来なくなりそこからビャーンっと
ウレタンが漏れてくる。

又、熱盤(金型を載せて注型する所)の平行が出てないと
金型にウレタンを注型した所、片一方にウレタンが
寄ってしまって寸足らずになってしまう事が有ります。

そのように成らない為の工夫も職人さんなりに
しております。
まだまだ有るが・・

この仕事して15年だが本当に難しい。

チャーっと金型に流すだけの行為と言えば行為だが、
やればやるほど
分からない<(_ _)>

だから・・・値段がそこそこ掛かるのは分かって
欲しいなぁ~・・・(笑)


2012年11月09日

先日、こんな事とが有りました。

ある協力会社様に当社が受注した品物をお願いしました。

そこで、納品していただいた品物を出荷しようとした所、

ウチの検査員さんが、うん?って首をかしげました。

「社長!この品物見てください!これで出荷して宜しいですか?」

って、見てみると少し私も首を傾げてしまいました。

その事を、協力会社様の営業の方に話させて頂くと、

「ウチではこのレベルで全然OKですよぉ~・・・」

それを聞いて、私は「ウチでは検査的には不適合になってしまいますねぇ<(_ _)>」

って言ってしまいました。

良く良く聞くと、ウチの注型方法と違う制作方法を取っておられる為に、

表面の状態に若干のばらつきが出るのは仕方が無い事らしいです。

(そこの協力会社さんが悪い訳では無いです(^.^))

その営業の方も「社長も、やはりウレタン加工には拘りあるんやねぇ<(_ _)>・・

少し見直したわぁ~・・・」って言っていただきました。

そこで、私共の作っている品物(殆ど優秀な社員さんが作っている)は、

本当に綺麗な品物を製作出荷してるんだと自信が持てました。

社員さん有難うございます。

又、新たに勉強の機会を頂いた協力会社様の営業の方!!

有難うございます。


2012年11月08日

お知らせ

私が敬愛して止まない、大阪北区倫理法人会会長の会長であられる
浜野太郎氏が講演をなされます。

...日時 2012/11/13(火) AM6:30~7:30
...場所 神戸ポートピアホテル のじきぐの間

テーマ:「普及は仲間作り」

です。

気は優しくて力持ちを地で行く浜野さん!!
又、男気があり皆さんから尊敬され慕われてる
浜野太郎さんの講話を皆さん一緒に聴かれませんか?

私もその友人の一人として講話を聴きに行かせて
貰います。

聴いたその後から運気が上がる事間違いなしです。

皆さんのご参加をお待ちしています。

※参加費無料 駐車場も無料です。

 


ウレタンの原料を使用するのには、次の3つに充分注意する必要がある。

①湿気の管理

②熱の影響

③混合理論量

ウレタン原料は湿気と熱に対してとても反応しやすくそれが原因で

物性が著しく低下するのである。

物性の低下の度合いは加熱時間と湿度に大いに関係する。

どちらが増加しても物性が悪くなる。

それを防ぐには熱と湿気に原料を曝すのは最小にしなければならない。

配合における混合理論量は架橋密度の割合いを決め、製品物性を決定する

化学反応に関与するのである。

混合理論量によって製品物性を用途(硬度なども・・)に応じて決定する。

当社で湿気に曝さない工夫

一番の写真の青い蓋は当社のウレタン製です。

当社で熱に曝されない工夫

当社で混合理論量を守る工夫


北海道の富良野からお問い合わせ
頂きました。

本当に有難うございました。




ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ・お見積もりはお気軽に!
ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ

ウレタンゴム加工110番特急便

最新のコメント