ウレタンゴム加工.com

新着情報&ブログblog

2012.11.07ウレタンゴム原料の工程管理

ウレタンゴムの原料を使用するのには、次の3つに充分注意する必要がある。

①湿気の管理

②熱の影響

③混合理論量

ウレタンゴム原料は湿気と熱に対してとても反応しやすくそれが原因で

物性が著しく低下するのである。

物性の低下の度合いは加熱時間と湿度に大いに関係する。

どちらが増加しても物性が悪くなる。

それを防ぐには熱と湿気に原料を曝すのは最小にしなければならない。

配合における混合理論量は架橋密度の割合いを決め、製品物性を決定する

化学反応に関与するのである。

混合理論量によって製品物性を用途(硬度なども・・)に応じて決定する。

当社で湿気に曝さない工夫

一番の写真の青い蓋は当社のウレタン製です。

当社で熱に曝されない工夫

当社で混合理論量を守る工夫

関連のありそうな記事

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文

最新のコメント

ウレタンゴム加工のことなら何でも!
お問い合わせ・お見積もりはお気軽にどうぞ!

受付9時〜18時(休み:土日祝)078-927-5112  078-927-5114
© 2020 株式会社立成化学工業所
TOPへ