ウレタンゴム加工会社 2代目社長の挑戦ブログ

2014年02月19日
エステルタイプとエーテルタイプの違い

エステル結合(-COO-)は。高強度を持ち合わせてる。エステル系ウレタンは、大きな

強度を持ち、耐容剤性、耐油性に優れている(あくまでもエーテル系ウレタンと比べて)。

しかし、低温特性には優れていない(ガラス展移点(Tg)が高い)

又、耐水性にも優れていない(あくまでもエーテル系ウレタンと比べて)。

ーCOO-+H₂O=COOH(酸)とOH(アルコール)に分かれて加水分解しやすいと言われてる。

エーテル結合(-O-)は屈曲性に優れている。又、耐水性にも優れていて

尚且つ低温特性にも優れている。(ガラス展移点(Tg)が低い)。

しかし、強度や耐容剤性は劣っている(あくまでもエステル系ウレタンと比べて)

その使われる場所によってエーテル系ウレタンとエステル系ウレタンは使い分けするのが

ベストだと思われます。

エステルタイプとエーテルタイプの違い - ウレタンゴム加工


関連のありそうな記事 ぜひこちらもご覧ください!

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文
 


ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ・お見積もりはお気軽に!
ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ

ウレタンゴム加工110番特急便

最新のコメント