ウレタンゴム加工会社 2代目社長の挑戦ブログ

2015年09月30日
ウレタンローラーの製作方法

ウレタンローラーの製作方法について説明いたします。

まず、ウレタンローラーの内径に成るマントル(鉄やアルミの棒)を製作いたします。

その場合、例えばウレタンの内径がΦ20に成る場合はΦ20×1,017を掛けて

マントルの外径を削り出します。1.017という数字はウレタンゴムの収縮率と

関係が有ります。ウレタンゴムの収縮率は一般に17/1,000と言われています。

ウレタンゴムというのは弾性体なので、伸びたら伸びっぱなしでは有りません。

必ず縮みます。それを考慮して加工して行きます。

その後そのマントルと外径より大きいワッパ(ウレタンローラーの外径より大きい)を

利用してウレタンの注型作業を行ないます。

そのパイプがこちら

    ↓

ウレタンローラーの製作方法 - ウレタンゴム加工

 

その後、ウレタン研削・研磨加工機を使用して、外径研磨・幅カットを行います。

外径の公差は大体±0.1で幅の公差も大体±0.1です。

ウレタンローラーの製作方法 - ウレタンゴム加工

綺麗な仕上がり具合です。

 

 

 


関連のありそうな記事 ぜひこちらもご覧ください!

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文
 


ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ・お見積もりはお気軽に!
ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ

ウレタンゴム加工110番特急便

最新のコメント