ウレタンゴム加工会社 2代目社長の挑戦ブログ

2016年02月14日
注型ウレタンゴムの製造方法を段階的に説明いたします。(原材料受け入れ編)

本日から、

何日間に渡ってウレタンゴム原材料の受け入れから
製品の出荷までの当社での工程を説明いたします。

 

宜しくお願い致します。





ウレタンゴムの原材料の受け入れから
製品の出荷までお知らせいたします

 

  1. 原材料の受け入れ
  2. 金具(ウレタンゴムライニングする為)の受け入れ
  3. 原材料のトレイサビリティがわかるようにする

 

 

なぜ、上記の事が必要なのでしょうか?

 

 

それは

注型ウレタンゴム加工をする際に
ウレタンゴムのイソシアネート(NCO)基が
必要だからです。

 

そのイソシアネート(NCO)基によって
ウレタンゴムの原材料に硬化剤を何部配合するのかが
決定されるからです。

 

その数値は、私たちウレタンゴム加工業にとっては
一番大切にすべきものです。

 

よって、履歴をとり保管しておくのです。

 

当社が製作したウレタンゴム加工品で
万が一何かが起こった場合は

 

上記のビデオで写ってる青いファイルに
履歴が残っていますので安心してくださいませ。

 

ウレタンゴムの原材料は
窒素置換を行いしっかり保管して
おります。

 

 

 


関連のありそうな記事 ぜひこちらもご覧ください!

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文
 


ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ・お見積もりはお気軽に!
ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ

ウレタンゴム加工110番特急便

最新のコメント