ウレタンゴム加工.com

新着情報&ブログblog

2016.08.17古ゴム剥がし

当社は、ウレタンゴム加工を生業にしております。

その中で多いご依頼は、ウレタンゴムライニングというお仕事です。

ウレタンゴムライニングとは、ウレタンゴムの原材料を金型などに注型して

熱に拠って、化学反応(加硫)を起しアルミやSUSや真鍮等の鉄材料に

ウレタンゴムを巻きつけるというモノです。

そのアルミやSUSや真鍮等は殆どの場合、お客様から支給される事が多いです。

その際に2通り有りまして、一つはその鉄材料がサラ(NEW)の場合。

もう一つは、その鉄材料に以前加工を施した古ゴムが付いてる場合です。

その際は、その付着している古ゴムを剥離させないといけません。

その剥離という方法も3通り位有ります。

今回はその1つの方法でさせて頂きました。

古ゴムが付いた状態

2016-08-09 14.42.16

古ゴムを剥がした状態

2016-08-17 09.32.10

この方法は、特にアルミ芯の穴の部分に厳しい公差が有る場合には最適です。

穴の部分をセンターで押したり、チャックで掴んだりしたら大変ですからね。

スムーズにスポンって古ゴムのウレタンゴムは剥離出来ました。

有難う、有難う、有難うございました。

 

関連のありそうな記事

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文

最新のコメント

ウレタンゴム加工のことなら何でも!
お問い合わせ・お見積もりはお気軽にどうぞ!

受付9時〜18時(休み:土日祝)078-927-5112  078-927-5114
© 2020 株式会社立成化学工業所
TOPへ