ウレタンゴム加工会社 2代目社長の挑戦ブログ

2018年09月22日
液状注型ウレタンゴムの特徴!!

液状注型ウレタンゴム加工というのは、

読んで字の如し!!という意味で言えば

液状で(金)型にウレタンゴムを注ぎ込むという事です。

そうなんです。金型が無いとウレタンゴムを流せないのです。

しかし、それは正規の金型で無くても良いのです。

金型と言われて、皆様のイメージはどのように思われたでしょうか。

高い。100万円以上はする。実際に作る品物が数個なら

ペイ出来ない。と思われたのではないでしょうか。

殆どその通りですが、液状注型ウレタンゴム加工の場合は

それが少し違うのです。

100万円もする様な正規の金型が必要ないんです。

それは、大気圧上で液状ウレタンゴムを流して終了に

なるからです。

殆どの合成ゴムの成型方法は、必ず圧を掛けます。

故に例え、成型するもの1個でも1万個で有ろうと

絶対、絶対、正規の金型が必要なのです。

もし、製作する物が数個であり。絶対NBR、CR、SBR

じゃなきゃダメなんです。緩衝材にゴムが必要なんです。

という場合は、是非、液状注型ウレタンゴム加工を

専門にしております。株式会社 立成化学工業所に

ご連絡下さいませ。宜しくお願い致します。

実際の注型してる場面は下記の様な感じです。

 

注型し終わった後です。

 

エアーや異物やごみを取っています。

有り合わせの金型(注型冶具と言います)に

セットした所です。

ご連絡の方お待ちしております。

 


関連のありそうな記事 ぜひこちらもご覧ください!

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文
 


ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ・お見積もりはお気軽に!
ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ

ウレタンゴム加工110番特急便

最新のコメント