ウレタンゴム加工.com

新着情報&ブログblog

2014.07.10ウレタンゴムの硬度の経日変化について

ウレタンゴムには当然、硬さ(硬度)というものが有ります。

お客様が指定される場合も有りますが、どれくらいの硬度が良いですかね。

って当社に尋ねて頂ける場合も有ります。その場合、どういった場所で

製品が使われるか、どのように使われるか?によって硬度をご提案させて頂いて

います。そこで、決定した硬度のウレタン製品を作ります。

その場合、当然、ウレタンゴムの原料と硬化剤の配合の割合もそうなのですが、

ウレタンゴム原材料の温度、熱盤の温度、金型の温度によって、硬度は決定する。

そこを正確に測定していないと、硬度の安定が計れないのと、物性にも影響を

及ぼす。当社は、成型時の温度管理はその都度実行してるのと、次の日に

LOT毎のテストピースで硬度をチェックしますので硬度は問題なく製品を

お客様に届けられます。又、硬度の経日変化も社内にて分かるようにしています。

1年間テストピースを保管していますので、履歴を見る事も出来ます。

お客様のご要望にお応えするために、社内で色んなチェック項目を作り

ウレタンゴム注型、ウレタンゴム研削・研磨加工を行っていますので、

安心してお仕事の依頼をお願い致します。どうぞ、宜しくお願い致します。

テストピース

保管してますので、

関連のありそうな記事

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文

最新のコメント

ウレタンゴム加工のことなら何でも!
お問い合わせ・お見積もりはお気軽にどうぞ!

受付9時〜18時(休み:土日祝)078-927-5112  078-927-5114
© 2020 株式会社立成化学工業所
TOPへ