ウレタンゴム加工.com

新着情報&ブログblog

2020.10.12ウレタンゴムにとって硬度はどれだけ大切か!?立成化学の取り組み方

当社立成化学工業所は
ウレタンゴム加工販売を
50年(現在51歳)行ってきましたので

 

注型ウレタンゴム加工に関しては
他社に負けない、経験や知識があると
考えています。


ウレタンゴム加工で見積もりを
ご依頼される時は
3社に相見積もりを取ってくださいませ。

 

 

ただし、その一つに
創業51年ウレタンゴム一筋の立成化学工業所
を加えて下さいませ。

 

 

ウレタンゴムの物性
いや
物性と言っても良いのか?どうか
分かりません





ウレタンゴムの中で
硬度!というのは
非常に重要なファクターと言えます

 

 

当社の場合
勿論、社内で
物性を測定する検査器具は
無いため


立成化学工業所で
製作したウレタンゴム加工品

 

お客様が求める
ウレタンゴムの物性を満たしている
のかという判断は

 

 

全て
ウレタンゴムの硬度によって
決まります

 

 

 

 


当社は
その日に製作した
ウレタンゴム加工品の
物性の判定を


翌日(一晩加硫炉で加硫)
の朝、


ウレタンゴムのテストピースの
硬度測定によって
判断いたします

 

 

そこで
お客様の求める
ウレタンゴム硬度がクリア
出来てれば


OKといたします

 

 

 

 

ウレタンゴムの原材料は
この様な秤で計量致しております

 

実は
この8月頃
少しウレタンゴムの硬度が
不安定な事がありました。

 

ただし
硬度が足りてなかったり
硬度がオーバーしてたり
してましたら


出荷はしませんので
ご安心くださいませ

 

其の頃の
ウレタンゴム硬度の不安定な
原因は何だったのでしょうか?

 

 

  • 湿度
  • 温度
  • 酸化

 

 

ウレタンゴムの原材料が
この3悪(勿論、ウレタンゴム対して)
が要因だと考えていました

 

 

しかし、案外
敵はそんな所にはなかったんですよね
(私の想像です)

 

 

おそらくです

キッチリと


ウレタンゴムの原材料
を計量できていなかった
のではないのか?と。
考えました。

 

 

 

 

上記の様に
ウレタンゴムの原材料を
計量する時には

 

必ず0点に合っているか
を毎朝確認してから
ウレタンゴムの原材料

 

計量する事にしました。

 

 

そうすると
ウレタンゴム加工品の
硬度は

お客様が要求する
ウレタンゴムの硬度を
正確に叩き出す様に
なりました。

 

 

やはり
元を正す事が一番
イイですね

 

 

 

コレからも
立成化学工業所は

 

 

  1. お客様の要望に応える
    ウレタンゴムの硬度を出し
  2. お客様の要望に応える
    ウレタンゴムの物性を出し
  3. お客様の要望に応える
    ウレタンゴムの品質を出し




行きます。



本日もお読みいただき誠に
ありがとうございました。

 

 

関連のありそうな記事

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文

最新のコメント

ウレタンゴム加工のことなら何でも!
お問い合わせ・お見積もりはお気軽にどうぞ!

受付9時〜18時(休み:土日祝)078-927-5112  078-927-5114
© 2020 株式会社立成化学工業所
TOPへ