ウレタンゴム加工会社 2代目社長の挑戦ブログ

2018年08月24日
撹拌作業の分析!!

当社が生業にしているのは、液状注型ウレタンゴム加工です。

そうなんです。

金型に液状のウレタンゴムを流し込んで、その金型通りの

形状のウレタンゴム加工品を製作するのが主なお仕事です。

その、液状注型ウレタンゴムのお仕事を細かい工程に

分類すると、2つの工程が有ると言えます。

①つめは、撹拌という工程です。

撹拌というお仕事を簡単に言うと、混ぜる事です。

液状の注型ウレタンの材料と、それを固形にする硬化剤を

混ぜる事なのです。

勿論、それだけで硬化するわけでは無く、熱を加えないと

固まらないのです。固形に成らないのです。

故に、内のお仕事を正確に言うと

熱硬化型液状注型ウレタンゴム加工です。

②つめは、注型という工程です。

型に注ぐと書いて注型(ちゅうけい)。

勿論、金型が平温でしたらいつまで経っても固まらないので

金型も一定の温度まで熱を加え、温かい金型に注ぎこむのです

その流し方にも。。。あっ、これは月曜日のブログにて

語りたいと思います。

①の撹拌と言う工程について話したいと思います

撹拌は注型ウレタンゴム加工の命!なんだと先代から言われたのを

思い出します。

私が、入社した時こんな話をしてくれました。

先代は、撹拌してる時に便を催してしまった時が有ったらしく

でも、未だコレ(ウレタンゴム屋)で食べれるかどうか分からない頃なので

大袈裟では無く、命を懸けて撹拌作業をしていました。

勿論、便の処理は後ですれば済むことなので、便をしながら

でも撹拌作業を続けて上手く撹拌をやり切る事が出来たそうです。

それほど、注型ウレタンゴム加工には撹拌作業というのが

大切なんだよ。と、身を持って教えてくれました。

変な体験ですが。。。

撹拌と注型=80と20 の割合い位に成ると言われています。

その、撹拌の基本をもう一度、社内で徹底しようという事で

今回、写真や動画を撮って検証してみました。

なかなか、容量やカップの大きさによって仕方を変わると

思いますが、基本は抑えておこうという事に成りました。

 

本日は、お疲れ様でした。

ブルーな色は綺麗です。

気持ちは、ブルーに成らず、スカイブルーな様な

澄み切った気持ちに成ります。

 


関連のありそうな記事 ぜひこちらもご覧ください!

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文
 


ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ・お見積もりはお気軽に!
ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ

ウレタンゴム加工110番特急便

最新のコメント