ウレタンゴム加工.com

新着情報&ブログblog

2023.04.20ウレタンゴム硬度の測定はChatgptには出来んでしょ!?

本日もこのホームページウレタンゴム加工.COMのブログにお付き合い頂き
誠にありがとうございます。桜も散りコレから暑い季節がやって来ますが
未だ朝晩の寒暖差が多いこの時期!読書の皆様におかれましては体調を
崩すなくお過ごしでしょうか?

私自身は今年齢58歳になりますが毎日朝早くから元気いっぱい会社(工場)に
出勤し、ウレタンゴム注型現場仕事の補佐や準備をしております。コレもひとえ
にこのウレタンゴム加工.COMを見て頂いております会社様のお陰です。本当に
有難うございます。

 

さて、このウレタンゴム加工.COMのブログでも何度も掲載させて頂いたと思う
のですが、私が朝この工場(こうば)に来て一番最初にするお仕事は下記の写真にございます
ウレタンゴム硬度の計測でございます。

 



純ゴム配合の注型ウレタンゴムの成型の場合、材料はウレタンゴム原材料と硬化剤のみ!
ですので複雑な計算方法があるわけはありません。よって97%位の割合でウレタンゴム
原材料と触媒に使われる硬化剤という配合比率を間違える事はございません。


当社の場合機械でやる仕事は殆どありません。全て人間がする手作業のお仕事です。
よって、勿論ヒューマンエラーは付き物です。液状注型ウレタンゴムの現場の職人
さん同士がいくら注意を払っても完全100%はございません。ある意味仕方
が無いお仕事だと言えます。

 

だからこそ、お客様の所にお届けするウレタンゴム製品に不具合があってはイケない
という事でウレタンゴム加工.COMの立成化学工業所の社長である私自身がウレタンゴム
硬度を測定するのです。ひょっとしたら今話題のChatgptでもウレタンゴム硬度を測定
する方法は持ち合わせてるのかもしれません。。。

しかしながら、ウレタンゴム製品への愛情・元々のウレタンゴム原材料への愛情が
Chatgpt兄さんは恐らく持ち合わせていないはず。よって、このお仕事だけは立成化学工業所
が続く限り永遠に私の仕事なのですww。


と。。。なぜ途中からこんな大袈裟なblogになったかと言いますと、硬度記録日記という
当社でウレタンゴム配合をしたテストピースの硬度を記録するノートが昨日新調された
のです。

 


以前の硬度計測日記は2020年10月5日からスタートしています。よって、ノート1冊
に使われたの経過年数は約2年半。結構速いペースで1冊のノートを使い切ったと言えます。
イコールお客様から頂いたお仕事の量が多かったと言えますね。有難い事です。

 

コレからもこのblogもChatgpiで書いた方が上手くスムーズにお客様にウレタンゴム注型や
ウレタンゴム製品の情報をお届け出来るかもしれません。しかしながら、Chatgpiには
愛がありません。私にはウレタンゴムへの愛があります。よって、このblogも永遠に
私が書き続きますので、どうか読者の皆様宜しくお願い致します。


本日は暑苦しいウレタンゴム加工.COMのblogになりました事どうぞお許しくださいませ。
失礼いたしました。

 

 

関連のありそうな記事

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文

最新のコメント

ウレタンゴム加工のことなら何でも!
お問い合わせ・お見積もりはお気軽にどうぞ!

受付9時〜18時(休み:土日祝)078-927-5112  078-927-5114
© 2024 株式会社立成化学工業所
TOPへ