ウレタンゴム加工会社 2代目社長の挑戦ブログ

記事一覧

2016年05月30日

当社の業務に古ゴム剥がしという作業が有ります。

それは、ウレタンゴムローラーの巻き替えのご依頼が有りますので、

その場合現在付いているウレタンゴムを剥がさないとイケないのです。

例えば、こういう状態でウレタンゴムローラーが送って頂いております。

古ゴム剥がし・・・ - ウレタンゴム加工

本日正午に着いたウレタンゴムローラーです。それを、まず剥がさないといけません。

剥がす方法としては、3種類あります。

①旋盤等で機械的に剥がす方法

 ウレタンゴムローラーを旋盤にセットさせて回転させ、バイトという刃物でウレタンゴムを

 捲りとります。時間は速いですが、付いているウレタンゴムが加水分解などでゴムの結合が

 破壊されていてベタベタしているとこの工程は踏めません。

②溶剤などで膨潤させて取る方法

 ウレタンゴムは、溶剤等に弱い為、溶剤に浸すと膨潤して又、ウレタンゴムが破壊されます。

 そのために芯金からウレタンゴムが剥がれて行きます。

③熱を加えて剥がす方法

 ウレタンゴムの耐熱温度は常時80度と言われています。故に、オーブンで150度以上の温度を

 掛けると、接着剤とウレタンゴムの境界面が侵され、そこから剥がれて来るという現象が起こります。

さて、今回はどれだったでしょうか?

その日の内に、ゴム捲り(剥がし)から、ショットブラストから接着処理まで完納しました。

有難うございます。有難うございます。有難うございました。

古ゴム剥がし・・・ - ウレタンゴム加工

【古ゴム剥がし・古ゴムの巻き替え加工についてはこちらをご覧下さい。】


先週の土曜日。当社は、約6年ぶりに工場見学を受け入れました。

有難うございます。

会社様は1社様で人数は3人様です。まず、順序と致しましては、

私の漫談(!?)を約10分間くらいお聞きして頂き工場見学へとスタートです。

漫談内容は、当社の生業は何か?どういった沿革でここまでやってこさして

頂いたのか?又、別紙の会社案内に沿ってどういったモノが強みでどういったモノが

弱味なのかを丁寧に漫談させて頂きました。

当社は、約6年ぶりに工場見学を受け入れました。 - ウレタンゴム加工

今、特に力を入れている3S活動の事も事細かく漫談させて頂きました。

まず、ブラスト・接着工程からスタートです。

何故、ショットブラストをしないといけないのか!?を担当者から説明して貰いました。

その後、良い時間に成ったので、ウレタンゴム注型作業の工程の説明に入りました。

ウレタンゴムの原材料と、ウレタンゴムの硬化剤の温度設定の大切さ、撹拌の大切さを事細かく

注型担当者から話して貰いました。

ウレタンゴム注型の場合、撹拌+注型という作業が有るのですが、重要度の比重で言えば

撹拌7:注型3と言われる位撹拌作業が大切だと言われています。

ここで、丁度お昼に成りましたので。昼食ブレイクに成りました。

昼からは、ウレタンゴム研削・研磨加工の工程の説明をさせて貰いました。

ウレタン製品を手に取って頂き、「これは、どれ位のお値段ですか!?」

って言う質問を頂きながら、苦笑いの工程説明に成りました。

これだけの工程を経てこれ位の値段ですかぁ~(>_<)っていう事だったらしいです(笑)。 最後に、検査仕上げ工程での説明です。きっちり、未検査品と完成品と棚を変えている事に 感激頂き、日頃の3S活動のお蔭だと私もとても嬉しかったです。 当社は、約6年ぶりに工場見学を受け入れました。 - ウレタンゴム加工

これからも、未だ未だ工場見学の方を受け付けております。

花を沢山にしてお待ちしておりますので、何卒宜しくお願い致します。

有難うございます。有難うございます。有難うございました。

当社は、約6年ぶりに工場見学を受け入れました。 - ウレタンゴム加工


当社は、ウレタンゴムローラーを生業にしております。

故に、ウレタンゴムローラーへの心遣いは人一倍している積りです。

ウレタンゴムローラーというのは、当然ウレタンゴムをアルミ芯や鉄芯に

ウレタンゴムをライニングする事で、ウレタンゴムローラーの役割を果たします

まず、アルミ芯や鉄芯を傷付けないこと。

その為に、ブラスト処理する時を入念にマスキングを致します。

ブラスト処理を何故するのか。勿論、ウレタンゴムを鉄芯やアルミ芯に

より良くライニング出来るようにです。

そのマスキングもマスキングテープだったりもするのですが、ウレタンゴムの治具で

マスキングする事も有ります。ウレタンゴム屋で良かったぁ~って思う時であります。

その後のウレタンゴム注型の時も、出来るだけ同じ素材で金型を探し、金型と芯金が

接触しても傷が付かない様に考えます。

ウレタンゴム研削・研磨加工の時も、センター穴を利用したり、逆センターという

加工治具を使ったりして、傷を付けない様に致します。

最後に、納品(特に発送の時)の時も、出来るだけお客様が持ちやすいように考え

又、配送途中に傷が付かない様に考えて、”プチプチ”等を利用して

発送させて頂きます。

これからも、より良いウレタンゴムローラーを製作できるよう一生懸命頑張りますので

立成化学へ応援宜しくお願い致します。

愛するウレタンゴムローラーへの心遣い - ウレタンゴム加工


2016年05月26日

先日、お客様から下記のウレタンゴムパッキンを成型して欲しいとの

ご依頼が有りました。

「上記と同じ様にウレタンゴム焼ける?」

ウレタンゴム焼くとは、ウレタンゴムを成型する事を言うのだが、こちらのお客様が

合成ゴムの成型屋さんなので、ゴムを成型する事を”焼く”というのが普通なのである。

殆どが熱を加えて成型するのと、回転焼を焼くみたいに成型するので

そういうのだろうか。

で話しは戻りますが、結論から言いますと上と同じように焼けました。

ウレタンゴムの硬度も色も全く一緒。同じように成型できたのです。

昨日それを見せに、お客様に行かして貰うと

「うわぁ、ホンマや!!全く、同じように出来てるやん!!」っと

お褒めの言葉を頂きました。有難うございます。

ウレタンゴム注型の事なら何でもお任せください。但し、大きさは限られます。

有難うございます。有難うございます。有難うございました。

ウレタンゴムパッキン - ウレタンゴム加工


2016年05月24日

先日、ホームページ経由でお仕事を頂きました。そぉです。下記の写真を見て頂ければ

お分かりに成りますよぁに、がっちり私達の会社が生業のしておりますウレタンゴムローラー

のお仕事でした。色々と有りまして、超短納期に成りましてしかし、お客様、配送業者様、

社員さんのお陰で無事納品させて頂くことが出来ました。本当に有難いです。

私は、その間の架け橋役として少しお仕事しただけなのに、皆さんはそれにも関わらず

目一杯お仕事をして頂きました。次のお仕事のご依頼も是非お待ちしております。

有難うございました、有難うございました、

因みに、このウレタンゴムローラーはウレタンゴム硬度90度で

サイズはφ150×134Lです。

ウレタンゴムローラー - ウレタンゴム加工


2016年05月19日

今、色んな取り組みを行っております。

その中で大ヒットなのがウレタン判子。

よく、消しゴム判子って有ると思うのですが。

それをバージョンUPしたのがウレタン判子。

これはなかなかの優れものです。色んな硬さが出来るので、

彫刻刀を使いたい方、カッターナイフを使いたい方。

色んなご要望にお応え出来る秀逸の一品である。

まずは、YOUTUBEにてご使用方法をお伝えしようと考えております。

面白いですよ。。。こう御期待。

ウレタン判子 - ウレタンゴム加工


2016年05月16日

ウレタンゴム加工.comの立成化学は機械加工品のウレタンゴム加工屋さん

では有りません。色んな取り組みをしてるユニーク(言い方が昭和ですね)な

ウレタンゴム加工屋さんです。

ウレタンゴムの色んな可能性を深堀擦る会社です。

ウレタンゴムの事なら何でもご相談をっと言う会社にして行きます。

これからもウレタンゴム加工.comの立成化学工業所をどうぞ宜しくお願い致します。

この商品は、遊びで作ったわけでは有りません。

真剣に作っております。

ウレタン水晶玉(ラメ入り)です。他にも色々製作しております。

ウレタン水晶玉占い。 - ウレタンゴム加工


色んなお話しを頂きました。ウレタンゴムの低硬度品やウレタンゴム材料の高粘度品

などなど。有難うございました。

お客様のお話の中で一番印象に残っているのが、

”ウレタンゴム加工でホームページしてる所少ないですよね、

立成さんは結構ホームページ充実してますよね。”

っていう事でした。

まだまだ、加工ページなどの充実や製品実績等の充実は

遠く及ばないですが、これからも日々の更新を欠かすことなく

投稿して行きたいと思っております。

これからも、ウレタンゴム加工.com

を宜しくお願い致します。

有難うございます。有難うございます。有難うございました。

遠くからお客様が来てくれました。 - ウレタンゴム加工


当社は製造業です。

勿論、ウレタンゴム加工の製造業です。それも、殆ど機械を使う事無く

手作業によるウレタンゴム加工(製造)業です。

ウレタンゴム注型の前工程に有る、撹拌という作業も手作業(ハンドミックス)。

その後の注型も注型機というモノが有る訳では無く。手注型に成ります。

それは、手のひらサイズのウレタンゴム加工製品を生業にしてるからです。

ウレタンゴム研磨・切削加工以外はほぼ手作業なんです。

故に、ウチの仕事は大きなくくりでいうと職人仕事になると思います。

と云う事で、今回ウチの息子が使っていた”彫刻刀”を使いウレタンゴム加工を

してみます。上手く行くかどうかは分かりませんが、とにかくやってみます。

有難うございます。有難うございます。有難うございました。

当社のウレタンゴム加工は職人仕事。 - ウレタンゴム加工


2016年05月13日

ウレタンゴムの色々な可能性を探るシリーズです。

今回は、ウレタン水晶玉(自称です)を製作してみました。

これを観れば、貴方(貴女)の未来が見える!?かもしれない。

ウレタン@ひろしが占ってあげます(笑)。

又、ラッキーアイテムとして一家に一個ウレタン水晶玉。

ラメなどを入れて煌びやかにすれば、インテリアとしても

利用可能かもしれません。

又、握力が落ちてきたお年寄りの方のリハビリ用品として

使用する事も可能です。

ウレタンゴムは色んな可能性を秘めています。

面白い材料です。

是非、皆様も手に取って触れて楽しんでください。

ウレタン水晶玉 - ウレタンゴム加工




ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ・お見積もりはお気軽に!
ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ

ウレタンゴム加工110番特急便

最新のコメント