ウレタンゴム加工.com

新着情報&ブログblog

2010.04.09圧縮永久歪みについて考えます。

先日、お客様に納品に行かして頂いた後そこの社長さんが帰って来られました。
そこで、「今日、お客様から圧縮永久歪みについて色々質問されたわぁ~」
って言ってそのまま会社の外で立ち話が続きました。

「立成さん・・頭では圧縮永久歪みを分かってても分からない人達に
噛み砕いた簡単な単語で説明するのは難しいわぁ~・・・
又、簡単な単語で分からない人に説明出来ないのは本当に分かってない
んやろねぇ~」っておっしゃってました。

「立成さん所は手のひらサイズのウレタンゴムしかしてないから聞かれるのは
耐摩耗性か耐荷重のことばかりやもんね」って言われました。

確かにそうなんです。
当社で扱っている手のひらサイズのウレタンゴムの製品の中で圧縮永久歪み
を考慮(要求)されているモノは1品種2品目だけですから。

圧縮永久歪み(%)の試験方法は空気恒温槽内にて、指定の圧縮率に圧縮した状態で
指定時間保持した後、荷重を除き指定時間放置後、減少した厚さの圧縮変形量に対する%で
示しています。値が小さいほど、発熱が小さく、且へたらない加硫ゴムと言えます。

ウレタンゴムの場合の一番の欠点である耐熱性に劣るという事で、
圧縮永久歪みを要求する加硫ゴムを探す場合一番最初から除外されています。
そう云う理由で今まで私がこの“圧縮永久歪み”を考えてなかったのであります。

私も良い勉強になりました。

有難うございます。




関連のありそうな記事

  • ウレタンラグの古ゴム剥がし2017年4月11日 ウレタンラグの古ゴム剥がし 当社は、ウレタンゴムのライニングを主に行っています。 そこで、お客様から鉄芯や金具が送られて来るの […]
  • 全てのモノをキャスター化2016年4月25日 全てのモノをキャスター化 今、当社は全てのモノに”キャスター化”計画を行っています。 そうする事に拠って、朝の掃除も非常にス […]
  • 本日クレームがありました。2010年6月8日 本日クレームがありました。 このウレタンゴム加工.COMからお取り引きが始まった会社さんから クレームを頂きました。 でも・・ […]
  • ネット経由のお客様三連発‼第一弾2012年2月27日 ネット経由のお客様三連発‼第一弾 Φ17×Φ9×11Lの80度のウレタンゴムローラーです。1個からでも承ります。 […]
  • ウレタンゴムと接着剤22010年4月14日 ウレタンゴムと接着剤2 昨日(4/13)の続きを書きます。 昨日書いた、鉄芯(金具)の脱脂→ブラスト処理→接着剤塗布 の中 […]

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文

最新のコメント

ウレタンゴム加工のことなら何でも!
お問い合わせ・お見積もりはお気軽にどうぞ!

受付9時〜18時(休み:土日祝)078-927-5112  078-927-5114
© 2022 株式会社立成化学工業所
TOPへ