ウレタンゴム加工会社 2代目社長の挑戦ブログ

2010年04月09日
圧縮永久歪みについて考えます。

先日、お客様に納品に行かして頂いた後そこの社長さんが帰って来られました。
そこで、「今日、お客様から圧縮永久歪みについて色々質問されたわぁ~」
って言ってそのまま会社の外で立ち話が続きました。

「立成さん・・頭では圧縮永久歪みを分かってても分からない人達に
噛み砕いた簡単な単語で説明するのは難しいわぁ~・・・
又、簡単な単語で分からない人に説明出来ないのは本当に分かってない
んやろねぇ~」っておっしゃってました。

「立成さん所は手のひらサイズのウレタンゴムしかしてないから聞かれるのは
耐摩耗性か耐荷重のことばかりやもんね」って言われました。

確かにそうなんです。
当社で扱っている手のひらサイズのウレタンゴムの製品の中で圧縮永久歪み
を考慮(要求)されているモノは1品種2品目だけですから。

圧縮永久歪み(%)の試験方法は空気恒温槽内にて、指定の圧縮率に圧縮した状態で
指定時間保持した後、荷重を除き指定時間放置後、減少した厚さの圧縮変形量に対する%で
示しています。値が小さいほど、発熱が小さく、且へたらない加硫ゴムと言えます。

ウレタンゴムの場合の一番の欠点である耐熱性に劣るという事で、
圧縮永久歪みを要求する加硫ゴムを探す場合一番最初から除外されています。
そう云う理由で今まで私がこの“圧縮永久歪み”を考えてなかったのであります。

私も良い勉強になりました。

有難うございます。





関連のありそうな記事 ぜひこちらもご覧ください!

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文
 


ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ・お見積もりはお気軽に!
ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ

ウレタンゴム加工110番特急便

最新のコメント